世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

Defending Champions Return for B.A.A. 5K and B.A.A. Invitational Mile
041517raceml001
2018年4月14日に行われるBAA5kとマイルの注目選手が発表されています。

5kで注目されるのは、5kロードの全米記録保持者であり、先日のニューヨークシティハーフで勝利を収めるなど、好調を維持しているベン・トゥルーです。昨年もこのレースでは強豪を破り勝利していることから、今回も大本命と言えそうです。

対するは、アメリカからORGPJよりエリック・ジェンキンスも出場します。加えて、エチオピアよりハゴス・ゲブリウェトなど、トゥルーにとっては万全な勝利などないラインナップとなりました。

http://www.baa.org/news-and-press/news-listing/2018/april/defending-champions-return-for-baa-5k-and-baa-invitational-mile.aspx

Bernard Lagat will compete at World Half-Marathon Championships
2c054a67fb769721a3b8643321a94860
一昨年トラックからロードへと主戦場を変え、43歳ながらも現在も活躍を続けるバーナード・ラガトが、今年バレンシアで開かれる世界ハーフマラソン選手権へ出場するという情報があります。

彼は今年のヒューストン・ハーフで1時間02分という記録を出しており、これにより世界ハーフの出場基準を満たしてます。もし出場すれば、彼にとって13回目となる世界選手権となります。


Matthew Centrowitz Moving To D.C., Still With Nike Oregon Project
5a661115a5cfd
マシュー・セントロウィッツが、これまでトレーニングの拠点としてきたオレゴン州を離れ、ワシントンDCへ拠点を移すことが明らかになりました。オレゴン・プロジェクトとの関係は維持するとのことであり、サラザールのコーチングの下、セントロの父親であるセントロウィッツ・シニアがトレーニングを管理することになります。

これまでも、オレゴン・プロジェクトのメンバーがトレーニング拠点を移す例はあり、2015年にはメアリー・ケインが同様の決断を下しています(ケインはその後チームを離脱)。

https://www.flotrack.org/articles/6092469-matthew-centrowitz-moving-to-dc-still-with-nike-oregon-project

Matthew Centrowitz Will Skip 2018 Indoor Season
57b8fcfcbf5b7
オリンピックチャンピオンであり、昨年の世界室内金メダリストでもあるマシュー・セントロウィッツが、屋内シーズンを回避することが明らかになりました。これは、彼の父親であるマシュー・セントロウィッツ・シニアが明かしたもので、今後1か月間をオーストラリアで過ごし、2月か3月にオーストラリアでの初戦を迎える予定であるとのことです。必然的に世界室内も回避することとなり、連覇は狙わないことが明らかになりました。

2011年にプロに転向して以来、2014年を除いて6年間のうち5回の屋内シーズンを過ごしてきた彼にとって、今回の決定は異常事態とも言えます。故障ではないとのことですが、初戦での仕上がりや今後の動向に注目する必要がありそうです。

http://www.letsrun.com/news/2018/01/reigning-olympic-world-indoor-champion-matthew-centrowitz-will-skip-2018-indoor-season-race-australia-instead/

AK unveil squad: Kamworor, Jepkosgei lead Kenya team to World Half Marathon in Valencia
geoffrey-kamworor-750x450
ケニア陸連は、3月にスペインのバレンシアで開催予定の世界ハーフマラソン選手権に派遣するチームのメンバーを公表しました。

男子部門では、これまで2度世界ハーフを制しているジョフリー・カムウォローを筆頭に、先月福岡国際マラソンに集草したビダン・カロキなど、有力選手を5名派遣します。女子部門でも、現ハーフマラソン世界記録保持者であるジョイシリン・ジェプコスゲイがチームに含まれています。

【男子】
Geoffrey Kamworor, Bedan Karoki, Leonard Barsoton, Barselius Kipyegon, Joram Okombo
【女子】
Joyceline Jepkosgei,Fancy Chemutai, Ruth Chepngetich, Pauline Kaveke, Mary Wacera


https://www.the-star.co.ke/news/2018/01/17/ak-unveil-squad-kamworor-jepkosgei-lead-kenya-team-to-world-half_c1699197

Workout Wednesday: U.S. Army WCAP & American Distance Project
5a55748a9023b
久々の良質WOWだと思います。

世界選手権、リオ五輪でメダルを獲得しているポール・チェリモをはじめ、サム・チェランガ他有名選手がトレーニングを行っています。

【The Workout】
10x800m w/ 2 min rest

【The Splits】
2:15-2:17-2:09-2:07-2:07-2:06-2:08-2:10-1:59(1:03/0:56)-2:08(1:06/1:02)

https://www.flotrack.org/video/6075752-workout-wednesday-us-army-wcap-american-distance-project-10x800

Defar to join rival Cheruiyot in road running
defar_pix
トラックにおいて、数々の結果を残してきたエチオピアのメセレト・デファーが、来年マラソンに挑戦することを明らかにしました。

これは、ハイレ・ゲブレセラシエが主催するグレート・エチオピアン・ランで彼女が語ったもので、彼女の活躍を心待ちにしていたファンには朗報と言えるものでしょう。
「来年のマラソン・デビューに向けて、トレーニングを始めるつもりです。ファンに、私はまだ引退していないことを伝えたい」

また、彼女のライバルであるケニアのヴィヴィアン・チョルイヨットが10月のフランクフルト・マラソンで優勝したことについても触れています。
「彼女は本当によい友人だし、彼女の勝利はとても嬉しかったです。また、マラソンで彼女と戦えることを楽しみにしています」

http://www.nation.co.ke/sports/athletics/Defar-to-join-rival-Cheruiyot-in-road-running/1100-4240178-9q9f24z/index.html

このページのトップヘ