世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

Cameron Levins, Canada’s Finest
20120129060931
 
Cameron Levins hopes to compete for Canada in the 5000- and 10,000-meter races in the London Olympics. He's completed an extraordinary collegiate track season for Southern Utah University, with April victories in Olympic "A" standard times of 13:18.47 in the 5000 and 27:27.96 in the 10,000, the year's fastest "non-African" time for the distance. Levins subsequently took home NCAA titles in the 10,000 and 5000, the first man to do so since Galen Rupp of Oregon in 2009.
http://news.runnersworld.com/2012/06/17/brief-chat-cameron-levins-canadas-finest/  

linetmasai_viviancheruiyot_stretching
1) Long run of 70-90 minutes

2) Tempo run of 30-40 minutes
3) One long interval session (e.g., 5 x 2,000m or 8-10 x 1,000m) or fartlek
4) One hill session (e.g., 15 x 30-45 seconds) 
http://runningtimes.com/Article.aspx?ArticleID=18870&PageNum=4 


11207860-large

「 ラップのフォームは上半身に余裕がなく、機械的で不健全だと思った。我々はラップの上体の柔軟性を向上させ、彼はレース中にもっとゆったりとリラックスすることを可能にする一連の練習を思いついた。そして、いくつかの大きな変更を加えた」とサラザールは言った。 
http://www.oregonlive.com/trackandfield/index.ssf/2012/06/us_olympic_trials_galen_rupps.html

ゲーレン・ラップについて、サラザール、ラップのインタビュー内容をもとに述べてあります。

moandgalenjan500

The Rising Stars: Mo Farah and Galen Rupp (2011年の記事)
この友人でもありランナーでもある彼らは、今年複数回の「記録破り」のパフォーマンスを行った。
http://www.runnersworld.com/article/0,7120,s6-243-560--14142-0,00.html 

A Bond Born At Speed(ロンドン五輪前)

Distance runners Mo Farah and Galen Rupp come from different worlds, but their lives are in step as each carries his nation's hopes toward London.
http://sportsillustrated.cnn.com/vault/article/magazine/MAG1195163/1/index.htm  

Dathan Ritzenhein, Ready to Roll
11RitzTrials

デイゼン・リツェンハインは高校を卒業して以来、全てのアメリカ五輪代表チームに加わってきた。
彼は土曜の夜にロンドンでオリンピックの10000mに出場することになります
http://news.runnersworld.com/2012/08/01/brief-chat-dathan-ritzenhein-ready-to-roll/  

How Geoffrey Mutai trains for the Boston Marathon
44_mutai_marathon


1週間の内の好きな曜日を聞いた時、ジョフリー・ムタイはためらうことなく土曜日と答える。しかし、その理由はエルドレットに住む家族のもとに40マイルを旅するためだ。彼は日曜日に休みを取り、家族とともに教会へと赴き、夕方に Kapng'entunyへと戻ります。


One Week in the Training Life of Geoffrey Mutai

Monday

a.m. 2 hour easy run (5-4 minutes/kilometer pace/8-6:30 minutes per mile)

p.m. 1 hour easy run (5-4 minutes/kilometer pace/8-6:30 minutes per mile)

Tuesday

a.m. 50 minute run (5 minutes/kilometer/8 minutes per mile)

p.m. Speed workout: 30 minute warm up; 12x 1 kilometer intervals at (3 minutes/kilometer/4:50 mile pace) with 1 minute recovery run in between repeated kilometers; 30 minute cool down

Wednesday

a.m. 1 hour 50 minute easy run (5 minutes/kilometer pace/8 minutes per mile)

p.m. 2 hour easy run (5 minutes/kilometer pace/8 minute mile)

Thursday

40 kilometer (25 mile) long run (starts at 4:30 minutes/kilometer pace/7:15 minute mile and decreases to 3:30 minutes/kilometer pace/5:35 minute miles)

Friday

a.m. 1 hour 50 minute easy run (5 minutes/kilometer pace/8 minute miles)

p.m. 2 hour easy run (5 minutes/kilometer pace/8 minute miles)

Saturday

Speed workout: 30 minute warm up; 20 x 2 minute intervals at (3-3:30 minutes/kilometer/5 minute miles) with 1 minute recovery in between; 30 minute cool down

Sunday

Rest Day 

http://articles.boston.com/2012-04-13/boston-marathon/31334819_1_geoffrey-mutai-8-minute-mile-pace-boston-marathon/2

ユージン         木曜にある5000mの決勝を見通した時、バーナード・ラガトのキックが最終ラップのホームストレートでゲーレン・ラップをかわすと思われた。世界中からそのキック力で恐れられているバーナード・ラガトは、ラップには一度も負けたことがなかったからだ。 彼は12から0の接戦だった。 しかし、ヘイワード・フィールドの記録的な観衆22062人、その脚、そして歓声でラップ、ラガトに外側から反撃されても内側で引かずゴール直前、ラガトをかわした。
http://www.oregonlive.com/trackandfield/index.ssf/2012/06/us_olympic_trials_galen_rupp_k.html 

「ゲーレンは記録は出した、問題はキックで勝負できるかどうかだった。」
「この春はポイント練習後の100mスプリント練習で何回も11.1か11.2で走ることができていた。」

11249684-large
 

このページのトップヘ