世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

Moses Kipsiro And The Legacy of John Akii Bua
_49460242_kipsiro_ap

Typical track workouts that Kipsiro would do in the spring/summer  
4 x 4 x 400m (60) 3 mins between sets Times between 56-60 Depending on the racing schedule he may also do three sets slightly faster.  

1600m (4), 1200m (3), 800m (2), 4 x 400m (1)  Times in the region of 4:06/8, 3:00/3, 1:58, 56-58  

5 x 800m (2 mins rec) Times 1:56-1:59  4 x 600m (90 secs) + 6 x 300m (60 secs) Times 1:28 and 40-42 secs  

7-10 out from a major race he will do something like 3 sets of [800m (1 rec), 400m (5 rec) where he runs the 800m steady e.g. 2:00/02 and the 400m fast 52-54)  

These track sessions are run in London, with up to 15 elite athletes taking part.
 http://www.letsrun.com/2010/kipsiro0310.php

6ab3301c4ff64f71a4ae7d0402c20f51-getty-123705871

今年の最大のレースで最後の400メートル。あなたは前方にゴールを見ることができ、タイマーは時を刻み続ける。自己新記録は手の届くところにあるが、しかし、そのためには大腿四頭筋の焼けつくような痛みを無視し、また1段ギアを上げるために、さらに追い込む必要がある。腕は麻痺し、激しい呼吸は空気を異常に重く感じさせる。しかし、それでもタイマーは進み続ける。
あなたは成し遂げられるだろうか?
http://tumblr.innovationforendurance.com/tagged/kara-goucher  

Ethiopias-Kenenisa-Bekele-008

ケネニサ・ベケレ、29歳は長距離種目2種目での世界記録保持者であり、オリンピックで3つの金メダルと、5つの世界選手権のタイトルを獲得している。
http://www.guardian.co.uk/sport/2012/may/11/london-2012-kenenisa-bekele-olympic?CMP=twt_gu 

彼は2009年から2011年の間に、深刻な怪我に悩まされ続けた。スポーツをやめなければならないだろうと思ったことも、彼によれば、何度もあったと言う。ロンドンオリンピック後、彼はマラソンへと移行する予定だという。そして、その種目でも世界記録を破る計画を立てています。

Shalane-Flanagan-nyc

我々は2008年北京オリンピック銅メダリストであり2012年米マラソン選手権優勝者であるシャレーン・フラナガンにインタビューする機会を得ました。
http://blog.timesunion.com/running/interview-with-shalane-flanagan/7775/ 

記事内で彼女のトレーニング内容についても触れられています。
・ 走行距離は115~120マイル(2008年時は週80マイル)
・400mを65秒でインターバルを行っている(2012年5月時、注目すべきはオリンピックのマラソンに照準を合わせつつも、短く速いスピード練習を取り入れていること)

Lagat_BernardFL-World11

T&FN INTERVIEW  Bernard Lagat
http://www.trackandfieldnews.com/archive/Interviews/Lagat.pdf  

Desert Dreams  
バーナード・ラガトはアリゾナで金メダルを追う。
http://runningtimes.com/Article.aspx?ArticleID=13602

Bernard Lagat is Not Done Yet
35歳で、彼は満足したはずだった。彼はケニアにある貧しい農家から這い上がり、アメリカで成功した人生を手に入れた。彼は世界選手権とオリンピックのメダルを勝ち取った。しかし、彼に「引退」という終わりは近くどこにもありません、そしてその訳を理解するためには、「始まり」に立ち返ってみる必要があります。
http://www.runnersworld.com/article/0,7120,s6-243-297--13403-0,00.html

Elite runners from Kenya admits doping in the ARD
kisorio101_v-ardgrosswidescreen
マシュー・キソリオは世界トップクラスのアスリートです         そして彼はドーピングを犯していました。
ケニアでのアンチ・ドーピングの戦い、背景、知識についてのインタビュー。
http://olympia.ard.de/london2012/allemeldungen/kenia167.html

Matt Tegenkamp, Trials Doubler
11Teg2
 「私の考えでは、ロンドン五輪、そしてその翌年の世界選手権での米国代表チームに参加することによってトラックでのキャリアを終えたい。そして非選手権年である2014年にマラソンを実験的に始めたいと思う。」
http://news.runnersworld.com/2012/05/29/brief-chat-matt-tegenkamp-trials-doubler/  

このページのトップヘ