Catching Up With Luke Puskedra
Puskedra-Trials
オレゴン大学のルーク・プスケドラにとって、2012年は非常にすばらしい一年であった。
今年の1月、驚異的な61:36のタイムでハーフマラソンデビューを果たし、アメリカのランニング界に驚きを与えた。その後、全米選手権10000mで堂々の8位入賞を果たし、大学最後のトラックシーズンを終えた。その後、ロードレースに出場し、米20k選手権に出場、マシュー・テゲンカンプに次ぐ2位に入る健闘を見せ、昨日の世界ハーフでは1:02:46の17位という結果を残した。
http://www.runnerspace.com/news.php?news_id=53646