Kipsiro hints at switching to marathon
fcdd02a602b1931e5b0f6a706700e175
ウガンダのモーゼス・キプシロは、2010年のコモンウェルス・ゲームズで5000mと10000mの2冠を成し遂げましたが、2012年、2013年に行われた五輪・世界選手権ではメダルを手にすることは叶いませんでした。
今回も膝の怪我と戦いつつ、5000mでは8位に終わるという状況の中、キプシロは10000mで見事優勝を成し遂げました。しかし、この素晴らしい勝利も、彼のマネージャーであるリッキー・シムズの助言がなければ成しえなかったであろうとキプシロは話します。
「私はマラソンに移行することを望んでいたが、彼は私がまだトラックで結果を出せると信じていたようだ」

「自分の意思を通したなら、私はきっとマラソンに移行していたでしょう。怪我も継続していたし、近年のトラックは若い選手で溢れ、私にとって非常に厳しい状況だった。私と同年代の友人たちの多くが既にマラソンに移行しているし、私もいずれそこへ上がっていくことになるでしょう。」

http://www.monitor.co.ug/Sports/Athletics/Kipsiro-hints-at-switching-to-marathon/-/690274/2413544/-/2r9kgh/-/index.html