Coach Alberto Salazar was at a workshop in Birmingham recently and his views
rupp_farah
オレゴン・プロジェクトのアルベルト・サラザールのトレーニング理論に関する記事が新たに見つかったので、要点のみをまとめておきたいと思います。

・レース後のトレーニングに関して。通常インターバル・トレーニングでは、距離で言うと12~14kを走る。しかし、特に夏のサーキットレース中にはレースが1週間間隔であることもあり、レース後の休息+トレーニングセッション+その回復を行っている時間はないことが多い。そのため、レース後にトレーニングを行うことで、トレーニング効果を取得しつつ、回復の時間を得ることができる。このトレーニングは、短い感覚のレースの中でトレーニングを確保しつつ、回復も確保するための方法である。
・モハメド・ファラーのオレゴン・プロジェクト参加は、ゲーレン・ラップを成長させた。ファラーの参加は米長距離トップ選手を育成するために必要な戦略であった。
・2人は非常に親しい友人でもあるが、トレーニングで無意識にお互いがお互いを倒そうとしていることは非常にいいことである。
・ファラーがナイキに切り換え、
オレゴン・プロジェクトに参加した時、サラザールは彼にマラソンを走ることを求めていなかった。そして、同意もしていない。マラソンでは何が起こるかわからないことを知っているからだ。
・ファラーは2016年リオ五輪を見据えている。(10000m、マラソンの2冠にも言及)
・サラザールが現役選手であった時、週間走行距離は80~90マイルが主流であった。しかし、現在では120マイルは最低必要である。その事は受け入れなければならない。
・ファラーがマラソンのために走った最長距離は28マイル。24マイル走(6:00/mile)も2回行った。


http://www.athleticsweekly.com/featured/workshop-alberto-salazar-12681/