At 40, Meb Keflezighi Shows No Signs of Slowing
meb-finish
先日行われたNYCマラソンで2時間13分32秒で7位入賞、アメリカマスターズ記録を更新したメブ・ケフレジキですが、40歳になった今でも彼の勢いは衰えることはありません。
「私は勝つためにここにいるのです。目標は常に勝つことです」 

長く競技力を維持する彼の秘訣は何なのでしょうか?その秘訣は数多くあります。彼のコーチはUCLA時代から一貫してボブ・ラーセンです。走行距離に関しても、今回のNYCMでは、来年の五輪予選に備えて週130マイルを走りましたが、彼は1週間に100~110マイル以上走ることはめったにありません。これは、彼の長いキャリアで走ってきた距離を考慮したものです。そして、彼はもはや1マイル4分17~20秒で走らなければならないと思うことはなく、今やeasy dayには、1マイル7、8分で走り始め、6分10秒まで上げる程度です。

また、1日に2回トレーニングを行う際は、2回目のトレーニングはバイクなどを用いたクロストレーニングです。また、体重を維持するために、若いときは一日5000kcalだったものを2000~3000kcalに制限もしています。
また、彼の忍耐力に驚いてはいけません。彼の父親は紛争を逃れ、安全を得るためにエリトリアからエチオピアまで150マイルを歩き通し、イタリア、そしてアメリカへの途を切り開いたのであり、家族譲りのものです。

彼はNYCM終了後、少しの休息を挟み、来年の五輪予選へ向かいます。今後もメブ・ケフレジキの活躍から目が離せません。

http://www.nytimes.com/2015/11/01/sports/at-40-meb-keflezighi-shows-no-signs-of-slowing.html?ref=international&_r=0