Doping threatens Kenya's credibility at Rio Olympics - Rudisha's coach
ダウンロード
現在ロシアでのドーピング問題が取りざたされていますが、ドーピング問題は中長距離で数多くのエリートアスリートを生み出してきたケニアにも無関係なことではありません。デイビット・ルディシャのコーチであり、ケニアで40年にわたり選手の指導をしてきたコルム・オコンネルは、リオ五輪に向けて、ケニアでの薬物問題の早期解決を望んでいます。
「ケニアはリオ五輪に本当に出場したいならば、これらの疑惑を払しょくし、国際社会の信頼を取り戻す必要があります。ケニア選手に薬物問題が発覚した時、早期に取り組むべきだったのです」

この問題が発覚した翌年、ケニア陸連はこの問題が、成功への近道を求めた下位レベルの選手に限られると繰り返し発表してきましたが、それもリタ・ジェプトゥーのドーピングによって吹き飛ばされることとなります。今週、オリンピック委員であるキプチョゲ・ケイノに、WADAから、真剣に4年間ケニアを陸上競技において出場停止にすることが警告されました。

「これは選手の士気に大きく関わる問題です。」

http://www.eurosport.co.uk/athletics/doping-threatens-kenya-s-credibility-at-rio-olympics-rudisha-s-coach_sto4991671/story.shtml