Kim Conley Wins in 31:58.54 as Chelsea Reilly and Rochelle Kauho Also Get Standard
925034_ysTYdM34JlFgtfQprUNi_o
先日行われたサクラメントでの10000mは、キム・コンリーが五輪の出場標準記録である32分15秒を大きく上回る31分58秒で優勝を果たしたことが分かりました。怪我からの復帰戦となったJordan Hasayですが、コンリーへのっ雪辱を果たすことはできず、32分48秒で8位という結果になっています。

対して、男子部門は全体として低調な結果に終わり、意外性で注目を集めたベン・ブランケンシップが出場していましたが、途中棄権となっています。

http://www.letsrun.com/news/2015/12/full-results-pacific-10k-pursuit-kim-conely-wins-3158-54-chslea-reilly-rochelle-kauho-also-get-standard/