Mo Farah targets World Half selection
2B931BB400000578-3207045-image-m-44_1440250326988
今年3月に開催予定の世界選手権は、世界室内、世界ハーフの2つが、ほぼ同日に存在しますが、どちらに出場するかで注目されていたモハメド・ファラーが、世界ハーフの英国代表の招集に応じることを発表しました。まだ出場は確定ではないものの、世界ハーフへの出場は非常に濃厚となりました。

もし実現すれば、既に出場を宣言している、昨年の世界選手権10000mで熱戦を繰り広げたケニアのジョフリー・キプサングとの再対決がまずハーフマラソンで実現することになります。ファラーのハーフでの実績もさることながら、ジョフリー・キプサングのそれはその上を行くといってよいでしょう。二人のハーフでの対決は以前未だありません。世界選手権での対決はファラーのフィールドであるトラックでの対決でしたが、今回はハーフでの対決となり、ファラーが王者の意地を見せるのか、ジョフリー・キプサングが得意分野での対決を制し、世界選手権の雪辱を晴らすのか、注目です。

http://www.athleticsweekly.com/featured/mo-farah-targets-world-half-selection-38166/