41-year-old Bernard Lagat runs final track race of illustrious career
cvillapun_lagat_Optimizada-1024x640
先日行われたベルリンWC男子3000mにおいて、中長距離史上最も偉大な選手の1人であろう選手が、自身のキャリア最後となるトラックレースを終えました。

**********************************************


バーナード・ラガトは、冬のインタビューで自身のトラックでのキャリアを終えると宣言した今季、素晴らしい成績を残してきました。数々のマスターズレコードを更新し、全米選手権ではラストラップを52秒台で走りきり、圧巻の優勝を成し遂げ、オリンピックではまたもマスターズレコードを塗り替えるとともに、5位入賞を果たしたのです。

「年齢はただの数字に過ぎない」

この言葉を体現したシーズンであったと言えるでしょう。41歳という年齢ながらも、若手と張り合い、下し続けてきた彼は、五輪から数週間後のベルリンでトラックのキャリアに終止符を打ちました。彼は、あくまで「トラックの」キャリアと話していることから、完全な引退ではなく、ロードレースなどで新たなキャリアを積み上げていくことと思われます。

2001年のシドニー五輪から、2016年のリオ五輪まで、素晴らしいトラックレースを魅せてくれたバーナード・ラガトに、感謝とねぎらいの言葉を贈るとともに、今後の新たなステージでの活躍を節に願い、そして楽しみに待ちたいと思います。 

【Result】
3000m
1 Choge , Augustine Kiprono KEN 7:43.00 
2 Lagat , Bernard USA 7:43.63 
3 Balew , Birhanu BRN 7:44.29