世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

カテゴリ: オレゴン・プロジェクト

Centrowitz heads to Rio with medals on his mind
GettyImages-546041064-1764x1254
今年の全米選手権1500mにおいて、マシュー・セントロウィッツは、ロンドン五輪1500m銀メダリストであるレオ・マンザーノらを抑え優勝を果たすとともに、3分34秒09の全米選手権記録を樹立しました。全米選手権記録を保持していたのはかの有名なスティーブ・スコットです。このことからも、マシュー・セントロウィッツが全米史上最も偉大な中距離ランナーの1人であることは明らかでしょう。世界選手権では幾度もメダルを獲得している彼ですが、五輪での初のメダルを目標にリオへと向かうことになります。

リオ五輪で、最も金メダルに近いであろうケニアのアスベル・キプロプは、リオ五輪でのメダルについて、銀メダルにケニアのマナンゴイ、銅メダルにアルジェリアのマクルフィが入ると予想しましたが、セントロウィッツはその発言については気にしていないと言います。
「前回の世界選手権に基づいて予想されたものですが、その予想は何を意味するものでもありません。私は私自身のことに集中するのみです」

セントロウィッツは、同じく有名なランナーである父の教育の下、オレゴン・プロジェクトのアルベルト・サラザールによって計画されたトレーニングで成長を遂げてきました。このインタビューも、セントロウィッツ曰く「合法的な赤血球増加法」である2週間の高地トレーニングを終えたばかりの頃でした。また、サラザールは、セントロウィッツのスタミナとスピードを強化する方法として、1500mよりも短い距離、もしくは長い距離のレースをトレーニングとしてレースに取り入れてきました。室内シーズンでも3000mのレースに出場したり、屋外でも800m、そしてリオへの最終調整レースとして1000mのレースに出場したことは記憶に新しいでしょう。

世界室内でも金メダルを獲得し、好調を維持しているセントロウィッツにとって、今回の五輪はメダルを獲得する可能性が最も高い選手の1人であることは明らかです。来るリオ五輪1500mにおいて、どのような結果を残すのか注目です。

http://www.capitalgazette.com/sports/ph-ac-cs-centrowitz-olympics-080116-20160731-story.html

TASTY RACE: Galen Rupp's Return To The Track
無題
昨日行われたポートランド・トラック・フェスティバルにおいて、最も注目された種目の1つであろう男子5000mの動画が公開されています。

注目のORGPJ所属のゲーレン・ラップの、初マラソン以来2度目のレースとなった今回のレースですが、見事優勝を飾っています。ぜひご覧ください。

http://www.flotrack.org/video/981719-tasty-race-galen-rupps-return-to-the-track

Cam Levins Runs More Miles Than You, Is Faster Than You Cam Levins Runs More Miles Than You

故障による影響か、最近芳しい結果を残せていないナイキ・オレゴン・プロジェクト所属のキャメロン・レビンスですが、どうやら復調の兆しが見え始めたようです。

カナダの雑誌による情報によれば、大学時代驚異的な走行距離を誇った彼のトレーニングは、アルベルト・サラザールによりいったん週110マイルにまで抑えられることになりました。しかし、最近ではそれが130マイルになったということが書かれており、トレーニングが順調に進んでいることが伺えます。

さらに、先日のBYU800mでは、高地でのレースにもかかわらず1分49秒73という好タイムもマークしており、スピードにも磨きがかかってきているようです。注目される五輪で活躍できるのか、期待がかかる所です。

http://www.flotrack.org/article/41948-cam-levins-runs-more-miles-than-you-is-faster-than-you

Galen Rupp and Mo Farah will run in the Pre Classic, events TBD: Oregon track & field rundown
mo-farah_2300492b
オレゴン・プロジェクトでトレーニングを行っているロンドン五輪金・銀メダリストであるモハメド・ファラーとゲーレン・ラップですが、冬季明けのシーズンには室内レースからは離れ、ロードレースで活躍をしてきました。ラップに関しては初マラソンながらもリオ五輪米国代表の切符を勝ち取り、ファラーは、宿敵らに敗れながらも、世界ハーフで銅メダルを獲得しました。

気になる彼らの今後ですが、プレフォンテイン・クラシックに出場する予定であるとアルベルト・サラザールが述べています。種目に関しては明言していませんが、ラップに関しては以下のように述べました。
「我々はこれから、プレフォンテイン・クラシックの前にマラソントレーニングを完了し、かつ全米選手権10000mへの準備ができていなければなりません。そして通常、私は五輪予選の前に10000mを走ることは好みません。」 

以上のコメントから、ゲーレン・ラップがプレフォンテイン・クラシック5000mに出場する可能性が示唆されましたが、懸念材料としては、マラソントレーニングからの移行がどの程度完了しているのかに左右されると言えます。

http://www.oregonlive.com/trackandfield/index.ssf/2016/04/thursday_morning_news_notes_li_39.html#incart_river_index

Shannon Rowbury - Consistency is Key
920x920
先日行われた全米室内3000mを制したシャノン・ローバリーですが、現在アメリカで最も勢いのある選手でありながらも、彼女のキャリアはもはやベテランとも言えるものであります。しかし、彼女はまだ行く先の地平線上に進歩の光を見ています。

現在31歳となった彼女ですが、トレーニングによってさらなる高みへと行けることを確信しています。
「私は長年にわたって怪我をすることなく、トレーニングを積み重ねることができました。加えて、私には才能があり、また陸上競技に関して知識も備えています。その知識はレースで非常に役立つものであり、自信も与えてくれるのです」 

「今年は非常に厳しいトレーニングを積んできました。世界室内はタフな戦いになるとは思いますが、メダルを獲得するために最良の戦いをしたいと思っています」 

http://www.usatf.org/News/Shannon-Rowbury---Consistency-is-Key.aspx

このページのトップヘ