世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

カテゴリ: 世界選手権

Mo Farah is the 10000m world champion!
DGadvg8XgAA0cd7
先ほど終了したロンドン世界陸上競技選手権男子10000mにおいて、モハメド・ファラーが、26分49秒53で、見事大会連覇を達成しました。

レースは、ケニア、ウガンダ、エチオピア勢が終始引っ張る形となり、一周ほぼ66~63秒での推移となりました。残り800mでファラーが前に出て、600mから仕掛け始めるファラーのいつもの展開で、ラスト1周を56秒で締めくくる盤石のレース展開でした。

中盤も動き自体は悪くなく、先頭に惑わされずに一貫して集団中盤を維持し続けるなど、レース巧者ぶりが光るレースだったとも言えます。ラスト400mは、高速レースだけに仕方ないかもしれませんが、56秒です。残りの5000mでも2冠&連覇が期待されますが、スピードという面でどれだけの現状がファラーにあるのかが個人的に気になる所であり、期待できるところです。

※画像はBritish Athleticsより

David Rudisha out World Championships team
RUDISHA_PIX
今週末から始まる世界選手権、男子800mで優勝候補のひとりと目されていたケニアのデイビット・ルディシャが、先週土曜日に大腿四頭筋の怪我を発症したことが分かりました。これにより、彼は世界選手権には出場しないことになります。
ケニア中距離コーチのベナード・オウマは以下のように述べています。

「我々にできることは何もない。ただ、彼が回復することを待つだけだ」
なお、エントリーは締め切られており、ルディシャの代わりに他の選手が出場することはありません。

http://www.nation.co.ke/sports/athletics/Rudisha-pulls-out-of-World-Championships-team/1100-4039772-3j5e1pz/index.html

Olympic 1500 Champ Taoufik Makhloufi Will Miss 2017 Worlds
Taoufik+Makhloufi+Olympics+Day+11+Athletics+h4IX9tAO-9pl
2012年のロンドン五輪1500m覇者であり、リオ五輪で1500m、800mの両種目で銀メダルを獲得したアルジェリアのタウフィク・マクルフィが、脹脛の怪我のため、今季世界選手権を欠場することを正式に発表しました。

マクルフィが怪我によりレースから長期離脱するのはこれが初めてではなく、2013年にも同様に世界選手権を含むほぼすべてのレースに出場できなかったことがありました。

http://www.flotrack.org/article/59156-olympic-1500-champ-taoufik-makhloufi-will-miss-2017-worlds#.WW9FP4jyi00

このページのトップヘ