世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

カテゴリ: ロード、クロカン

Dathan Ritzenhein, in Maine instead of Rio, enjoys strong 10K result

今年、リオ五輪米国マラソン代表選考会で、けいれんのために途中棄権に終わり、リオ五輪への出場資格を失ったデイゼン・リツェンハインですが、先日久々のレース復帰をビーコン10kで果たしました。

優勝こそ同じくアメリカの強豪ベン・トゥルーに奪われたものの、上々のレース復帰となったと言えるでしょう。

【Result】
1 Ben True USA 28:18
2 Dathan Ritzenhein USA 28:27
3 William Malel KEN 28:31



http://www.mlive.com/sports/grand-rapids/index.ssf/2016/08/dathan_ritzenhein_in_maine_ins.html

Molly Huddle (15:14) Wins Third Straight BAA 5K Title
521557460
先日行われたBAA5kにおいて、女子部門ではモリー・ハドルが3連覇を達成、男子部門ではエチオピアのデジェン・ゲブレメスケルがベン・トゥルーを破り優勝を成し遂げたことが分かりました。

連覇を逃したベン・トゥルーですが、先週火曜まで5kのトレーニングは行っていないという発展途上の中でのレースであり、今後の快進撃の始まりとなるのか注目です。

Result!
Men
1. Dejen Gebremeskel, Ethiopia 13:39
2. Ben True, Hanover NH 13:41
3. Stephen Sambu, Kenya 13:44
4. Philip Langat, Kenya 13:54
5. Diego Estrada, Flagstaff AZ 13:54


Women
1. Molly Huddle, Providence RI 15:14
2. Buze Diriba, Ethiopia 15:28
3. Caroline Chepkoech, Kenya 15:35
4. Diane Nukuri, Burundi 15:43
5. Emily Sisson, Providence RI 15:45
6. Kim Smith, Providence RI 15:55


http://www.letsrun.com/news/2016/04/molly-huddle-1514-wins-third-straight-b-5k-title-dejen-gebremeskel-1339-takes-ben-true-1341-mens-race/

Ben True (3-Time Winner) And Molly Huddle (2-Time Winner) Will Defend Their Titles At The BAA 5K
4949
今週末行われるBAA5kですが、例年通りレベルの高いエントリーとなっています。

男子部門では、最も実力があるのはエチオピアのデジェン・ゲブレメスケルでしょう。世界大会でのメダル獲得経験もある彼ですが、リオ五輪に向けてどのような状態でいるのか注目でしょう。そして、それに対抗するは、アメリカのベン・トゥルーです。3回このレースを制しており、また、ロードでの実力はお墨付きなだけに、タイトル連覇を成し遂げられるのか気になることろです。他にも、アメリカのディエゴ・エストラダなど、楽しみなレース内容となる予感です。

女子部門は、トゥルーと同じく前回覇者であるモリー・ハドルに注目です。米国長距離界ではもはや敵なしの彼女ですが、それに対するはニュージーランドのキム・スミスです。故障明けではありますが、故障前の実績は無視できないものがあるだけに、ハドルにどう挑むのか注目です。

http://www.letsrun.com/news/2016/04/saturday-ben-true-3-time-winner-molly-huddle-2-time-winner-will-defend-titles-baa-5k/

Defar, Cheptegei Win Carlsbad 5000; Lagat Breaks Masters Record
Day-2-10

先日行われた、世界最速のロードレースの1つであるカールスバット5000ですが、女子部門は事前に最も注目されていたメセレト・デファーが15分02秒で勝利しました。

男子部門は、ウガンダのジョシュア・チェプテゲイが13分24秒で初優勝となりました。注目のバーナード・ラガトは3位に終わったものの、ハッサン・ミードをわずかに抑え米国勢トップ、そして自身の保持するマスターズ世界記録を2秒更新するなど健闘を見せました。

【Result!】
Men
1 Joshua Cheptegei UGA 13:24
2 Wilson Too KEN 13:29
3 Bernard Lagat USA 13:38


Women
1 Meseret Defar ETH 15:02
2 Caroline Kipkirui KEN 15:13
3 Susan Kuijken NED 15:28


http://running.competitor.com/2016/04/rock-n-roll-marathon-series/defar-cheptegei-win-carlsbad-5000-lagat-breaks-masters-record_147747 

Bernard Lagat, Lawi Lalang, Will Leer, Collis Birmingham And Andy Vernon Headline Field For Next Weekend’s Carlsbad 5K
hqdefault
今週末行われるカールスバッド5000ですが、例年の如く非常にレベルの高いエントリー内容となっています。

まず、男子で注目されるのは、昨年優勝者であるケニアのラウィ・ラランでしょう。タイトル連覇となるのかが注目されるところです。そして、彼がトレーニングパートナーを務めるバーナード・ラガトも出場します。一昨年はコースの距離不足により記録が認可されず、昨年はマスターズ記録を樹立した彼ですが、今年は怪我の影響により世界室内の代表獲得を逃しています。リオ五輪出場を目指すうえで、世界室内からどの程度復調しているのか注目です。
他にも、アメリカからウィル・リーア、ハッサン・ミード、イギリスからアンディ・バーノン、オーストラリアからコリス・バーミンガムら注目選手も出場します。

女子部門で注目されるのは、エチオピアのメセレト・デファーでしょう。今季から本格的にトラック復帰を果たした彼女ですが、早速世界室内ではメダルを獲得しています。どのような記録を残すのか注目です。

http://www.runrocknroll.com/carlsbad-5000/news/2016/03/2016-carlsbad-5000-startlist/

このページのトップヘ