世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

カテゴリ: ケニアの選手・話題

Kipchoge will miss on the world championships as he chases his dream
1494131756131
ケニアのエリウド・キプチョゲが、既に出場が決まっているベルリンマラソンに焦点を当てるため、世界選手権に出場しないことを発表しました。
「私はこのために非常に長い期間トレーニングを行ってきました。私の夢は、未だに2時間以内でマラソンを制することです。デニス・キメットの世界記録を打ち破るべく、最善を尽くすつもりです」

一方、彼は同時に世界選手権にケニア代表として出場予定のダニエル・ワンジル、ジョフリー・キルイ、ゲディオン・キプケーターについて、素晴らしい選手だと語ります。
「彼らは強い心、体、そしてマラソンの金メダルを獲得するために必要なものを持っています。私は彼らを信じています。チームワークで、メダルを独占する可能性もあると思います。きっとメダルを持ち帰るであろうし、それを全力で願っています。」

http://www.the-star.co.ke/news/2017/07/24/seal-of-approval_c1602565

Eliud Kipchoge targets World Record at 2017 BMW BERLIN-MARATHON
0_640_360
ケニアのエリウド・キプチョゲが、2017年9月24日に開催予定のBMWベルリン・マラソンで世界記録樹立を目指すことが明らかとなりました。

キプチョゲは、2013年のマラソンデビュー以来、数々の成功を収めてきました。タイムだけでなく、リオ五輪では金メダルを獲得するなど、名実ともに現在世界最高のマラソンランナーと言っても過言ではないでしょう。また、今年の5月には、モンツァ・サーキットで、非公式ながら2時間25秒という驚異的なタイムで42.195kmを走り切っています。

「モンツァにて、2時間を切る非常に近いところまで到達することができました。今私は、ベルリンこそ、世界記録を樹立するのに最も適した場所であると思っています」

http://www.bmw-berlin-marathon.com/en/news-and-media/news/2017/07/06/eliud-kipchoge-targets-world-record-at-2017-bmw-berlinmarathon-.html

After The Outrageous French Protest Got Him Disqualified, Ezekiel Kemboi Quickly Unretires
Kemboi
先日掲載しましたエゼキエル・ケンボイの引退報道に関しまして、4位に入賞したフランスのマイディーヌ・メキシベナバの抗議によるケンボイの失格が判明した直後、本人により今大会限りでの引退が撤回されています。2017年の世界選手権でのメダル奪回を目標とするとのことです。

訂正が遅くなり、誠に申し訳ありませんでした。今後とも世界の中長距離をよろしくお願いいたします。

http://www.letsrun.com/news/2016/08/outrageous-french-protest-got-disqualified-ezekiel-kemboi-quickly-unretires-will-coming-london-2017-re-claim-medal-france-no-limits/

Farewell to the GOAT: Ezekiel Kemboi, the World’s Greatest Steeplechaser, Retires
00210791-5d10c84e1823f745a7177ed4945df288-arc614x376-w1200
リオ五輪3000SCで銅メダルを獲得したケニアのエゼキエル・ケンボイが、今大会をもって陸上競技の第一線を退くことを発表しました。2003年の世界選手権での銀メダル獲得から始まった彼の怒涛のキャリアは幕を閉じることになりますが、その強さと同等に、彼のレース後のパフォーマンスや笑顔は、世界中のファンから惜しまれることとなるでしょう。
「今日、正式に陸上競技から引退することを発表します。世界中のファン、ケニアの人々、そして私の家族に感謝します。」

しかし、今や、彼は陸上競技のない生活を楽しみにしていると言います。また、独特のハードリングを行う今大会金メダリストのキプルトに関して、彼のトレードマークの笑顔と共にこのように述べています。
「もう引退したので、ハードリングを教えてあげることはできます。もしイェーガーも望めば教えてあげます。しかし、彼らは私に良い金額を払う必要があるだろうね」 

http://www.letsrun.com/news/2016/08/farewell-goat-ezekiel-kemboi-worlds-greatest-steeplechaser-retires/

KIRWA YEGO RUNS WORLD-LEADING 58:44 AT ROME-OSTIA HALF MARATHON
a8aeaffb-6573-444e-b2c6-47c52d559ad1
昨日イタリア・ローマで行われたオスティア・ハーフマラソンにおいて、ケニアのソロモン・キルワ・イェゴが、今季世界最高記録となる58分44秒で優勝したことが分かりました。同じくケニアのウィルソン・キプロプの保持していたコースレコードを31秒更新するだけでなく、自身の自己記録を1分20秒も更新しており、素晴らしい飛躍を成し遂げたと言えるでしょう。2位にはレオナルド・ランガトが、こちらも自己記録を更新する59分18秒で入賞しています。

女子部門は、次のレースに向けたテストを兼ねて出場したと話す、エチオピアのWorkenesh Degefaが1時間07分08秒で優勝を果たしました。

http://www.iaaf.org/news/report/rome-ostia-kirwa-yego

このページのトップヘ