世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

カテゴリ: ケニアの選手・話題

Kiprop, Birech to star at AK meeting in Mumias
Asbel-Kiprop_2989635
今週の金曜にケニアのマミナスで開催される、ケニア陸連主催大会の5000mに、1500m世界チャンピオンであるアスベル・キプロプ、2011年世界選手権1500m銀メダリストであるサイラス・キプラガト、ダイヤモンドリーグ3000mSCチャンピオンJairus Birech、1500mジュニア世界記録保持者ロナルド・ケモイらが出場することが明らかになりました。ケモイに関しては、リオ五輪出場を5000mで達成すべく、種目移行を意識しての出場のようですが、他の選手は他種目でトップクラスの実力を誇る選手だけに、非常に興味深いレースとなりそうです。

また、アスベル・キプロプは、屋外シーズンにダイヤモンドリーグ(ドーハ、ユージン、オスロ)、ケニアで行われるいくつかの大会に出場予定であることを改めて確認し、世界記録更新に関しても触れています。

「私の今年の目標がオリンピックであることに間違いはありません。しかし、その前に、それと同じくらい自己ベスト更新、つまりは世界記録を望んでいるのです。」 

http://www.nation.co.ke/sports/athletics/Kiprop-Birech-to-star-at-AK-meeting-in-Mumias/-/1100/3089318/-/159ynhk/-/index.html

Rivals battle on: Kamworor and Karoki renew their challenge at Uhuru Gardens
1286314
今週末にケニアで開催されるウフル・ガーデンXCにおいて、先日のケニアXC選手権でもライバル関係として注目を集めていた、ビダン・カロキとジョフリー・キプサングが再び対決することが分かりました。

ケニア選手権では体調不良によるキプサングの棄権によりカロキの勝利となっていますが、両者ともに世界ハーフの代表選出を狙っている中、どのような対決になるのか注目です。カロキはアフリカXC選手権への出場は明言せず、世界ハーフのタイトル獲得を目指しトレーニングを行っている模様です。4月には初マラソンも控えており、その仕上がり具合にも注目です。

http://www.the-star.co.ke/news/2016/02/09/rivals-battle-on-kamworor-and-karoki-renew-their-challenge-at-uhuru_c1291289?page=0%2C0

Keitany raring to go after hip injury heals
1272167
2009年のベルリン世界選手権にケニア代表として出場し、2010年世界室内1500mで銅メダルを獲得するなど、ケニアを代表する1500mランナーの一人であったハーロン・ケイタニーですが、ここ数年は腰の故障に悩まされ、レースではその活躍を見ることはありませんでした。しかし、その怪我も完治し、今年はリオ五輪の出場を最大の目標に掲げ、躍進を誓います。
「ここ数年は、怪我の為に結果を残すことができませんでした。今、怪我は完治しており、今年は非常にいいシーズンになることでしょう」

ケイタニーは現在世界最高の1500m選手であり、彼のライバルでもあるアスベル・キプロプとトレーニングを行っており、3月5日に行われるメルボルンWCに出場する予定であると話します。
「メルボルンで持久力をテストすることになるでしょう。そして、ドーハDLか、ケニアの週末レースでシーズンインを迎えることになるでしょう」 

ここ数年拮抗した状況が続く1500mですが、その中でさらなる台風の目となるのか、注目です

http://www.the-star.co.ke/news/2016/01/08/keitany-raring-to-go-after-hip-injury-heals_c1272136

Kenya's Ndiku keen to defend World Indoor Championships
32e7ed96-807d-46ff-8368-5478ce8a2f50
ケニアのカレブ・ディクは、3月17日から20日にかけて、アメリカのポートランドで開催される世界室内3000mの連覇に意欲を示しています。

一昨年は世界室内優勝に始まり、コンチネンタルカップでの優勝など多くの結果を残し、昨年も、モハメド・ファラーに敗れはしたものの、世界選手権で銀メダルを獲得しました。今年のリオ五輪では優勝を成し遂げられることを確信している彼ですが、五輪のケニア代表に選出されるためにも、世界室内での優勝は今年の重要なキーポイントとなるでしょう。

「私は勝利を求めます。そして、それは世界室内から始まるのです」 

http://news.xinhuanet.com/english/2016-01/08/c_134988202.htm

このページのトップヘ