世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

カテゴリ: デイビット・ルディシャ

Rudisha set to return to Melbourne
d2e86495-4831-4dc6-a290-6be4e5d63904
800m世界記録保持者であるケニアのデイビット・ルディシャが、3月5日に開催される予定のメルボルンWC800mに出場する予定であることが分かりました。ルディシャがシーズン初戦でこのレースを選択するのは、もはや恒例となっており、同じくシーズン初戦をメルボルンで迎た2012年を再現するべく今季初レースに挑みます。
「オーストラリアに戻ってこられることをとても楽しみにしています。この大会はこれまで、私のシーズンプログラムの重要な役割を果たしてきました。2012年のような、金メダルを獲得したシーズンプログラムを再現したいと思っています」

「また、オーストラリアには素晴らしい800m選手が多く、またその中には800mの五輪標準記録を破っていない選手も多くいます。必ず良いレースができると思いますから、彼らの出場標準獲得のために役立てると思っています」
なお、ルディシャはメルボルンでのレースの後、パースで行われるレースに出場する予定とのこと。

http://www.iaaf.org/news/news/melbourne-world-challenge-2016-rudisha

Rudisha shifts focus to Lausanne IAAF Diamond League
Rudisha_DavidFHL1-NyDL15
前回ニューヨークDLで好タイムをマークし、徐々に本調子への復調が期待される世界記録保持者デイビット・ルディシャですが、次戦はローザンヌDLを予定していることが分かりました。その後、7月31日に行われるケニア選手権に出場し、ケニア代表チーム入りを目指すことまでが確定しています。
「前回のニューヨークでのレースでは、怪我の心配から慎重になってしまい、完全に追い込むことができなかったのです」

「今こそトレーニングに復帰する時です」
世界選手権を目標に定め、できれば世界選手権とケニア選手権の前にもう一つレースに出ることを考えているとも話しました。

http://www.standardmedia.co.ke/sports/article/2000166704/down-to-business-rudisha-shifts-focus-to-lausanne-iaaf-diamond-league

Rudisha battling to be fit for Birmingham

先日行われたオストラヴァWC600mにおいて、出走後約100m前後で右足を抑え突如棄権したデイビット・ルディシャですが、その心配されていた怪我の状況は映像ほどにひどくはないようです。次戦として予定されていたバーミンガムDLへの出場の可否は月曜に下されるであろうことも発表されました。
コーチであるコルム・オコンネルは次のようなコメントを発表してます。
「我々は月曜に決定を下すでしょう…もし経過が良好ならバーミンガムDLに出場することになります」

「現在彼は、理学療法士の下で軽いトレーニングを行っています。幸いなことに、彼の状態は映像で見たほどにひどいものではなく、筋肉の痙攣であったようです。」 

今季はルディシャの王座奪還が注目されていただけに、今後の経過が心配されるところです。

http://www.supersport.com/athletics/africa/news/150529/Rudisha_battling_to_be_fit_for_Birmingham

David Rudisha is surprisingly challenged to the finish, improves to 1:44.94 in Melbourne

本日行われたメルボルン・ワールド・チャレンジにおいて、男子800mに出場したデイビット・ルディシャが1分44秒94で優勝、シドニーに引き続きシーズン序盤ながら好調ぶりを見せています。
※動画は2時間47分30秒前後から男子800mが始まります。

【Result】
1 Rudisha, David Ken 1:44.94
2 Riseley, Jeffrey Aus 1:45.29
3 Rowe, Alex Aus 1:47.11


http://www.letsrun.com/news/2015/03/david-rudisha-is-surprisingly-challenged-to-the-finish-improves-to-144-94-in-melbourne/

このページのトップヘ