世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

カテゴリ: USAの選手・話題

In a fight to the finish @korirlennyman of @Nike is the U.S. Men's 10K Champion

先ほど終了したUSATF10kにおいて、男子はレオナルド・コリルが28分16秒、女子はAliphine Tuliamukが32分49秒で優勝を果たしました。注目のShadrack Kipchirchirは2位、バーナード・ラガトは5位に入賞しています。女子部門では、Johdan Hasayが3位入賞を果たしています。

https://twitter.com/usatf

Star-studded fields ready to celebrate the Fourth of July at the USATF 10 km Championships
2016paytonjordan-034
7月4日に開催されるUSATF10kに、バーナード・ラガト、アブディ・アブディラマンをはじめ、今年の全米選手権10000mで2位と3位に入賞しているShadrack Kipchirchirと、レオナルド・コリルも出場する予定となっており、その顔ぶれからもレースの結果が気になるところです。

ラガトは昨年のリオ五輪以降、トラックから退いたものの、未だにその競技力は健在です。ナイキのブレイキング2:00プロジェクトでは見事ペーサーを務め切り、また5月のグレート・マンチェスター・ランでも28:13でデイゼン・リツェンハインに次ぐ2位に入っており、優勝候補であることは間違いないでしょう。一方で、全米選手権直後ながらも10000m入賞の2人も見逃すことはできません。他にも、クリス・デリックらの参加も発表されており、非常に楽しめるレースとなりそうです。

http://www.usatf.org/News/Star-studded-fields-ready-to-celebrate-the-Fourth-.aspx

41-Year Old Bernard Lagat Wins Crazy Men’s 5000 at 2016 US Olympic Trials Men’s 5000

先ほど行われた全米選手権男子5000mにおいて、バーナード・ラガトが13分35秒50で悲願の優勝を成し遂げたことが分かりました。

5度目の五輪を決めたラガトは、ラストラップを52秒台という、41歳とは思えない驚異のスパートで勝利をつかみ取りました。近年はラスト勝負で競り負け、以前のようなスパートは見られなくなっていたかに思えましたが、今日のそれは明らかに以前の彼の切れ味そのものでした。五輪での健闘を楽しみに待ちたいですね。

【Result!】
1 Bernard Lagat 13:35.50
2 Hassan Mead 13:35.70
3 Paul Chelimo 13:35.92


http://www.letsrun.com/news/2016/07/41-year-old-bernard-lagat-wins-crazy-mens-5000-2016-us-olympic-trials-mens-5000-african-born-runners-go-1-2-3/

Healthy Duane Solomon Wins Victoria Track Classic In 1:46.71
2015+USA+Outdoor+Track+Field+Championships+NF_tVG1T1cTl
日曜にカナダで行われたヴィクトリア・トラック・クラシック男子800mにおいて、アメリカのデュアン・ソロモンが1分46秒71で優勝を果たしたことが分かりました。昨年より怪我で芳しい結果を残していない彼ですが、今回の結果からは復帰が順調であることが見て取れます。

【Result】
1 Duane Solomon USA 1:46.71
2 Anthony Romaniw CAN 1:46.87
3 James Eichberger MEX 1:47.83


http://www.letsrun.com/news/2016/06/healthy-duane-solomon-wins-victoria-track-classic-146-71/ 

このページのトップヘ