世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

カテゴリ: ダイヤモンドリーグ

FARAH TO COMPETE IN 10,000M IN OSTRAVA
160821020654-mo-farah-5000-meters-exlarge-169
リオ五輪で5000m、10000m2種目2連覇を成し遂げ、今や名実ともに5000m、10000m最強となったモハメド・ファラーが、6月に行われるオストラヴァWC10000mに出場することが分かりました。同大会では、2005年に10000m世界記録保持者であるケネニサ・ベケレが世界記録から3秒遅れる26分20秒31で走っており、条件が揃えば世界記録も期待できる好コンディションとなります。

今や選手権レースでは、その巧みな戦術と強烈なラストスパートで右に出るものはいないファラーですが、10000mの記録は未だに2011年に記録した26分45秒57にとどまっており、ここで記録も手に入れることとなるのか注目が集まります。

https://www.iaaf.org/news/news/ostrava-golden-spike-2017-mo-farah-10000m

Kiprop and Souleiman head Oslo's Dream Mile field – IAAF Diamond League
csm_Asbel_Kiprop_-_Men_s_Bowerman_Mile_-_Eugene_2016_7f4286b880
6月7日に行われるオスロDLですが、その注目種目のひとつであるオスロ・ドリーム・マイルにおいて、今季すでにDL2戦を制しているケニアのアスベル・キプロプが出場することが分かりました。

対する選手でまず注目されるのは、ジブチのアヤンレ・スレイマンでしょう。今季は未だに屋外レースへの出場は見られませんが、室内シーズンでは1000mで世界記録を樹立しており、これまでに一進一退の攻防を繰り広げてきた両者だけに勝敗が気になる所です。他にも、ケニアのサイラス・キプラガトやElijah Manangoiもエントリーしており、レベルの高いレースがどのような結果となるのか注目です。

http://www.iaaf.org/news/news/idl-oslo-dram-mile

このページのトップヘ