世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

カテゴリ: Bowerman Track Club

Chris Solinsky Retires And We Rank The Five Best Moments of His Career
Solinsky_ChrisFL-USout11
アメリカ史上最も偉大なランナーの1人であり、10000mで非アフリカ系で初となるサブ27:00を達成したクリス・ソリンスキーが引退を発表しました。
「私は走り続けるであろうと思ってきました。そして、いつ、どこで勝負することができるのだろうかと」

「しかし、今や私はそれを求めていないことに気づきました。もしそうしたなら、きっとお金のために走っているように感じたことでしょう。しかし、私にとってランニングはそんなものであって欲しくないのです」

ライアン・ホール、マシュー・テゲンカンプの引退に引き続き、アメリカ長距離界を引っ張てきた偉大な選手がまた一人、レースから去ることとなりました。

http://www.letsrun.com/news/2016/04/chris-solinsky-retires-rank-five-best-moments-career-sub-2700-dominant-foot-locker-title-epic-2011-usa-5000/

Before Indoor Nationals, Evan Jager is Already Looking Ahead to the Summer
ダウンロード
エヴァン・イェーガーは後ろを振り返ることはありません。常に前だけを見据えています。
昨年のパリDLにおいて、最後の障害で転倒した出来事に関して、未だに悩まされることがあるのか彼に尋ねたところ、笑いながらこう答えました。
「そうでもないよ。他の人がその話題を持ち出すか、それに関して質問された時に考えるくらいです」
そして、彼の目線は既にリオ五輪を見据えています。

「今年の目標は2つあります。3000mSCでリオ五輪代表を獲得すること、そしてリオ五輪でのメダル獲得です」
しかし、課題もあります。昨年の世界選手権3000mSC決勝において、イェーガーは残り250mからのケニア勢のスパートに遅れを取り、失意の6位という結果となりました。全米室内ではその課題の克服に挑みます。
「昨年の今頃に比べ、若干良い状態です。我々のチームメイトのほぼ全員がこの全米室内を目標としてきたため、昨年よりも少しだけハードなトレーニングを行ったからでしょう」

「全米室内での目標は、戦術的なレースを展開すること、そして選手権スタイルのレースで勝利すること。もし代表を獲得できた場合は、メダルのために全力を尽くすつもりです」

http://www.kimbia.net/before-indoor-nationals-evan-jager-is-already-looking-ahead-to-the-summer/

Steeple Star Seeks Greater Success Indoors and Outdoors
EvanJager_7
昨年3000mSCでARを樹立するなど躍進を遂げ、今や3000mSCトップクラスの選手となったエヴァン・イェーガーですが、今週末にミルローズ・ゲーム3000mにおいて室内シーズン初戦を迎えることになります。

1月末にふくらはぎの故障から、10日ほどトレーニングからの離脱を余儀なくされた彼ですが、「とても早く治った」と言うこともあり、今週末は自身の3000m自己記録(7分39秒98)を更新したいと考えているようです。また、地元ポートランドで行われる世界室内3000mへの出場も、今季の彼の目標の一つです。
「ポートランドで行われる世界選手権で走る唯一のチャンスです。私は7年半ポートランドに住んでいるので、それはとても素晴らしいものになるでしょう。スタートラインを踏み、ポートランド出身である私の名前が呼ばれる、そして地元の素晴らしい応援の下走る・・・とてもクールです。」

しかし、イェーガーを含めたバウマン・トラック・クラブの目標はあくまで夏のリオ五輪に定められています。その前哨戦とも言える室内シーズンでの彼らの活躍にも注目です。

http://www.armorytrack.com/gprofile.php?mgroup_id=45586&do=news&news_id=397181

Matt Tegenkamp Retires From Professional Running
CaL-Sa1WcAAqJ5f
アメリカを代表する長距離選手の1人であり、バウマン・トラック・クラブに所属しているマシュー・テゲンカンプが、プロランニングのキャリアから引退することを発表しました。
「私は1年間365日、プロランナーとして生活してきました。昨年の秋、マラソン選考会に向けてトレーニングを開始した時、もう今、そのような生活を望んでいないことに気が付いたのです」

テゲンカンプは、これまで2回のオリンピックに出場し、3回の世界選手権に出場するなど、選手権大会で活躍するだけでなく、2009年には5000mで、アメリカ史上6人しか存在していないサブ13(12分58秒56)を達成しています。また、2マイルの自己ベストである8分07秒07は、未だに米国記録として輝きを保っています。
「アラン・ウェブ、ライアン・ホール、デイゼン・リツェンハインとともに、我々は壁を壊し、新たな時代を築いてきました。そして、そのメンバーの1人としていられたことは、非常に楽しかった」

現在、テゲンカンプはナイキの製品開発に関わっており、今後徐々に勤務時間を伸ばしていくことになります。そして、彼は今でもランニングを愛しており、一日1時間、時にはバウマン・トラッククラブのメンバーと共にランニングを楽しみます。
「しかし、私はこれから高地トレーニングやレースのために家族と離れ離れになることはありません。今週末はハイキングを予定しています。子供たちとそりや、ビーチで砂の城を作るかもしれません…素晴らしい幸せです」

http://www.kimbia.net/matt-tegenkamp-retires-from-professional-running/

Chris Derrick Scratches Marathon Olympic Trials Chris Derrick Scratches Marathon Olympic Trials
derrickjax
1月初めにハーフマラソンで米マラソン五輪選考会の標準記録を突破し、同選考会への出場を発表していたクリス・デリックですが、トレーニングの不調により出場を撤回することが分かりました。 



これにより、デリックは昨年同様トラック種目での活躍を目指していく模様です。

http://www.flotrack.org/article/39186-chris-derrick-scratches-marathon-olympic-trials

このページのトップヘ