世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

カテゴリ: OTC

Andrew Wheating Leaves OTC Elite
5666fe37d40c5
オレゴン・トラック・クラブ(以下OTC Elite)に所属し、アメリカを代表する中距離選手の1人であったアンドリュー・ウィーティングが、OTC Eliteから脱退していたことが明らかになりました。しかし、これまで師事してきたマーク・ローランドとは師弟関係を継続する模様です。

才能に恵まれ、ここぞという時に勝負強さを発揮し、数度世界大会で米国代表として出場してきたウィーティングですが、2010年以来怪我に悩まされ、結果をほとんど残せていませんでした。今年30歳になるウィーティングですが、今後再び花を咲かせることができるのか注目です。

http://www.flotrack.org/article/51760-andrew-wheating-leaves-otc-elite#.WJxfH_mLS00

Aman, Rojas and Beitia the latest stars announced for Madrid
05efe354-f2a2-4ed8-8230-850c6cddafce
6月23日にスペインの首都マドリードで行われるIAAFワールドチャレンジのエントリー情報が発表されています。

注目は男子800mに出場するモハメド・アマンでしょう。元世界選手権覇者ですが、近年は男子800mも横並びの状態が続き、飛び抜けて目立つことも少なくなりました。そして、そのアマンに対するは、近年台頭してきた選手の1人であるボスニアのアメル・トゥカ、そして、2016年世界選手権男子800m銅メダリストであるAntoine Gakemeです。デイビット・ルディシャも調子が安定しない中、リオ五輪800mの情勢を読むことが難しくなっているため、今回のWCの勝敗が気になる所です。

http://www.iaaf.org/news/news/madrid-aman-rojas-beitia

World Champion Mo Aman Joins OTC
da983a63-dcf4-4778-a7d2-1801deaabae0
世界選手権を3度制するなど、世界トップクラスの800mランナーであるモハメド・アマンが、オレゴン・ユージーンを拠点に活動するオレゴン・トラック・クラブ(OTC)のエリート部門に参加することが発表されました。
ヘッドコーチを務めるマーク・ローランドはこう話します。「彼はほかのどのクラブ、場所へも行くことはできたのです。彼がここへ来たのは、我々のコーチングと仲間を求めた結果なのです。」
かつてニック・シモンズを育てたマーク・ローランドだけに、この世界最強クラスの選手がどう育っていくのか期待がかかります。

「私はもっと速くなりたい」アマンは話します。
「OTCは非常に良い選手、そしてコーチを兼ね備えたチームで、自分自身を高めていけるということは非常に素晴らしいことです。それに、ここユージーンは”トラック・タウン”です。ここでレースがあるときは、素晴らしい観衆と素晴らしい声援を得ることができるでしょう」

http://www.flotrack.org/coverage/251077-News-from-the-Track-and-Field-World/article/29840-World-Champion-Mo-Aman-Joins-OTC

このページのトップヘ