世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:アルベルト·サラザール

Everything You Want to Know About the Nike Oregon Project and L-Carnitine Injections
b317e2e8
オレゴン・プロジェクトにおいて、パフォーマンス向上に効果のあるとされるL-カルニチンの使用がなされていたという報道がなされています。それによると、アルベルト・サラザールは、L-カルニチンの効果を確かめるために、当時NOPのアシスタント・コーチを務めていたスティーブ・マグネスにL-カルニチン注射を行い、実験も行われたとのことです。

以下が報道の内容(要約)
・サラザールは、2011年1月と2013年3月にL-カルニチンと炭水化物の混合物(合法物質)を購入。
・ゲーレン・ラップとモハメド・ファラーは過去に摂取していたこともあるが、どにらにも効果的ではなかったため2人ともすぐにやめている。
・L-カルニチンは経口摂取よりも注射による摂取のほうがはるかに効果的。
・2011年12月、サラザールはL-カルニチン注射を試してみたいと、USADA(米アンチ・ドーピング機構)にメールをしている。
・NOP顧問の医師は、USADAから許可を取ったうえで、L-カルニチン注射の実験を行ったと述べている。
・USADAは、L-カルニチン注射の許可を与えてはいないと主張。
・アシスタント・コーチであったスティーブ・マグネスを用い、L-カルニチン注射の実験が行われた。結果、彼のパフォーマンスは8-9%向上した。


L-カルニチンはWADAの定める禁止薬物には含まれていないことから、規則上での問題はないようですが、スポーツにおける倫理性という観点から問題になっているようです。

http://www.letsrun.com/news/2015/03/the-good-and-the-ugly-everything-you-want-to-know-about-the-nike-oregon-project-and-l-carnitine-injections/

Alberto Salazar’s attention to detail
alberto_salazar
元マラソン世界記録保持者である彼はインタビューに答えてくれることになりました。しかし、時計は22時になろうとしています。

「心配はいらない。私は20年ものあいだ休みを取っていなかったんだから」 

************************************

続きを読む

Alberto Salazar says Mo Farah appears to be OK after tumbles in the NYC Half
mo_farah-465189 (1)
アルベルト・サラザールが、NYCHMでトラブルがあったモハメド・ファラーについてコメントしています。

それによると、ファラーには特に重要な問題は見当たらないとのこと。ファラーは少なくともゴール後に2度は気を失っており、その原因をサラザールは「寒さ」であったと述べています。レース当日は氷点下かつ強風で、それまでケニアの暖かい環境でトレーニングをしていたファラーにそれが強烈に響いた可能性があるとのこと。

転倒などによるすり傷は問題なく、すでにファラーはトレーニングに復帰したとも書かれています。

※僕が見た他の記事では、高地からの移動などによる低血圧が原因としている記事もありました。次のレースはおそらくロンドンだと思いますが、何もトラブルなく、うまくいくことを本当に願っています・・・。

http://www.oregonlive.com/trackandfield/index.ssf/2014/03/alberto_salazar_says_mo_farah.html

CONVERSATION COACH ALBERTO SALAZAR ON STAR PUPILS GALEN RUPP & MARY CAIN
Morris_140116_3100
・私は14年間ゲーレンと歩んできた。その中で計画されていなかった日は一日たりとしてない。
・ゲーレンは凄まじい再生する力(怪我をしない能力)を持っている。専属の理学療法士は今までに見たことの無い再生能力と言っている。怪我をしないことは、それ自体が才能である。トレーニングを中断することがないため、年々強くなることができる。
・年2回のピーク・システムを用いている。これは、14年、28シーズンを共に過ごし、試行錯誤した結果である。
・トレーニング内容は、単一で、大きな変化はあまりない。
・ハードトレーニングは、車で例えればエンジンの強化。我々は、接地圧の測定や様々な機器を用いて車体の改良にも積極的に取り組む。
・ファラーはこれまでマラソントレーニングで最長27マイルを走った。
・ファラーは戦略が天才的に上手。ゲーレンはそれを学ぶ必要がある。実際、どちらも全快の状態で走れば、私はゲーレンの方が速いと思う。

http://tonireavis.com/2014/02/07/conversation-coach-alberto-salazar-on-star-pupils-galen-rupp-mary-cain/#more-9828

このページのトップヘ