世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:インタビュー

Centrowitz heads to Rio with medals on his mind
GettyImages-546041064-1764x1254
今年の全米選手権1500mにおいて、マシュー・セントロウィッツは、ロンドン五輪1500m銀メダリストであるレオ・マンザーノらを抑え優勝を果たすとともに、3分34秒09の全米選手権記録を樹立しました。全米選手権記録を保持していたのはかの有名なスティーブ・スコットです。このことからも、マシュー・セントロウィッツが全米史上最も偉大な中距離ランナーの1人であることは明らかでしょう。世界選手権では幾度もメダルを獲得している彼ですが、五輪での初のメダルを目標にリオへと向かうことになります。

リオ五輪で、最も金メダルに近いであろうケニアのアスベル・キプロプは、リオ五輪でのメダルについて、銀メダルにケニアのマナンゴイ、銅メダルにアルジェリアのマクルフィが入ると予想しましたが、セントロウィッツはその発言については気にしていないと言います。
「前回の世界選手権に基づいて予想されたものですが、その予想は何を意味するものでもありません。私は私自身のことに集中するのみです」

セントロウィッツは、同じく有名なランナーである父の教育の下、オレゴン・プロジェクトのアルベルト・サラザールによって計画されたトレーニングで成長を遂げてきました。このインタビューも、セントロウィッツ曰く「合法的な赤血球増加法」である2週間の高地トレーニングを終えたばかりの頃でした。また、サラザールは、セントロウィッツのスタミナとスピードを強化する方法として、1500mよりも短い距離、もしくは長い距離のレースをトレーニングとしてレースに取り入れてきました。室内シーズンでも3000mのレースに出場したり、屋外でも800m、そしてリオへの最終調整レースとして1000mのレースに出場したことは記憶に新しいでしょう。

世界室内でも金メダルを獲得し、好調を維持しているセントロウィッツにとって、今回の五輪はメダルを獲得する可能性が最も高い選手の1人であることは明らかです。来るリオ五輪1500mにおいて、どのような結果を残すのか注目です。

http://www.capitalgazette.com/sports/ph-ac-cs-centrowitz-olympics-080116-20160731-story.html

Centrowitz Talks World Champs, Doping Scandals, and March Madness
ダウンロード
・積み重なる世界大会での実績に比べ、1500mのタイムはそれに伴っているとは言えないし、それに対してがっかりもした。しかし、世界選手権で競り合う選手たちは3分30秒以下で走っているし、私もそのくらいのタイムで走れることは間違いないと思う。
・ミルローズでの屋内1マイルの自己ベストは屋外シーズンに向けて自信をつけることに繋がった。選手権レースのような、入りが遅い内容になってしまったが自己記録を更新できたのも自信になる。
・今シーズンはタイムを狙うレースよりも、戦術的なレースの割合がとても多い。しかし、もし私がどれくらいで走れるのかを分かり、計画されたレースで走ったところでどうなるのでしょう。私はここに座り、自分の限界について論じる気はありません。
・今年の屋内シーズンのレース計画に大きな違いはない。
・屋内シーズンの目的はトレーニング効果をテストすること。我々は毎年トレーニング計画や内容といった部分で、何かしらの少し新しい取り組みを行っており、それに適応できているのかをテストする。
・トレーニングでは、昨年に比べ少し重いコアトレーニングやウェイトトレーニングを行った。他はあまり変わっていないと思う。
・昨屋外シーズンでは、終盤で燃え尽きたような症状が出たため、今季はより精神をフレッシュに保てるような取り組みを行っている。
・昨屋外シーズン後、オフは2日取った。
・10kや5000m専門の選手たちとトレーニングを行うことは自身にとってプラスである。毎年、多くの時間を彼らとのトレーニングに費やし、自信をつける。その上でシーズン終盤に向け、中距離的な要素からアプローチし、スピードを磨いていく。

http://www.runnersworld.com/elite-runners/centrowitz-talks-world-champs-doping-scandals-and-march-madness

Shannon Rowbury - Consistency is Key
920x920
先日行われた全米室内3000mを制したシャノン・ローバリーですが、現在アメリカで最も勢いのある選手でありながらも、彼女のキャリアはもはやベテランとも言えるものであります。しかし、彼女はまだ行く先の地平線上に進歩の光を見ています。

現在31歳となった彼女ですが、トレーニングによってさらなる高みへと行けることを確信しています。
「私は長年にわたって怪我をすることなく、トレーニングを積み重ねることができました。加えて、私には才能があり、また陸上競技に関して知識も備えています。その知識はレースで非常に役立つものであり、自信も与えてくれるのです」 

「今年は非常に厳しいトレーニングを積んできました。世界室内はタフな戦いになるとは思いますが、メダルを獲得するために最良の戦いをしたいと思っています」 

http://www.usatf.org/News/Shannon-Rowbury---Consistency-is-Key.aspx

Steeple Star Seeks Greater Success Indoors and Outdoors
EvanJager_7
昨年3000mSCでARを樹立するなど躍進を遂げ、今や3000mSCトップクラスの選手となったエヴァン・イェーガーですが、今週末にミルローズ・ゲーム3000mにおいて室内シーズン初戦を迎えることになります。

1月末にふくらはぎの故障から、10日ほどトレーニングからの離脱を余儀なくされた彼ですが、「とても早く治った」と言うこともあり、今週末は自身の3000m自己記録(7分39秒98)を更新したいと考えているようです。また、地元ポートランドで行われる世界室内3000mへの出場も、今季の彼の目標の一つです。
「ポートランドで行われる世界選手権で走る唯一のチャンスです。私は7年半ポートランドに住んでいるので、それはとても素晴らしいものになるでしょう。スタートラインを踏み、ポートランド出身である私の名前が呼ばれる、そして地元の素晴らしい応援の下走る・・・とてもクールです。」

しかし、イェーガーを含めたバウマン・トラック・クラブの目標はあくまで夏のリオ五輪に定められています。その前哨戦とも言える室内シーズンでの彼らの活躍にも注目です。

http://www.armorytrack.com/gprofile.php?mgroup_id=45586&do=news&news_id=397181

Dathan Ritzenhein 'just in shock' after dropping out of Olympic marathon trials
-OLYMPIC-MARATHON-TRAILS041-79641678
リオ五輪へマラソンでの出場を目指していたデイゼン・リツェンハインですが、その夢は儚くも途中棄権という結果で潰えることとなりました。
「今はとてもショックを受けています。ぐるぐると、何も考えられない状態です」

9マイル過ぎから、左脹脛の痙攣が始まり、最終的にハムストリングへと痙攣が広がったことにより、16マイルで途中棄権せざるをえない事態となりました。
「ペースも遅く、レース自体は何も問題ありませんでした。しかし、それはとても早すぎました。マラソン終盤でのサバイバルなどなく・・・信じられません。」 
彼がレースを途中棄権することとなったのは、2004年アテネ五輪10000mで、疲労骨折により途中棄権した時以来です。

10000mで五輪出場を狙うか、このままマラソンを走り続けるのか決めるには、時間が必要と語ったリッツですが、以下のようなツイートが既になされています。

目標であったマラソンでの五輪出場はできませんが、是非10000mで五輪出場を決めて頂きたいですね。

http://www.mlive.com/sports/grand-rapids/index.ssf/2016/02/dathan_ritzehein_im_just_in_sh.html

このページのトップヘ