世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:エディンバラXC

Farah confirmed for Edinburgh XC, setting up rematch against 2016 winner Heath
44
今年リオ五輪で2種目2冠2連覇を達成した、世界の中長距離界で最も支配的な強さを誇るモハメド・ファラーが、来年初頭の1月7日に開催されるBUPAエディンバラXCに出場することが明らかとなりました。ファラーは今年もこの大会を最初のレースに選んでおり、かつアメリカのギャレット・ヒースに敗北を喫しています。ヒースも来年の出場が決定しており、王者モハメド・ファラーが盤石の強さを見せつけるのか、それともヒースがエディンバラ王者の座を守るのか、注目が集まります。ファラーも、オフシーズンを終え、トレーニングに本格復帰しているようです。

「過去数週間、本格的なトレーニングを積んできました。現在のパフォーマンスを確かめ、来年のトラックシーズンを占う良い機会です」

https://www.iaaf.org/news/news/farah-heath-rematch-edinburgh-cross-country

Garrett Heath Does It Again, Takes Another Huge Scalp and Beats Mo Farah

昨日終了したBUPAエディンバラXC男子8kにおいて、ギャレット・ヒースが、世界チャンピオンであるモハメド・ファラーを2秒差で下す、25分29秒で優勝を果たしたことが分かりました。ヒースは昨年、一昨年に引き続き連覇を伸ばし、これまで同大会で破ってきた有名選手たち(キプロプ、ベケレ、ラガト・・・)のリストにファラーを追加しました。
ヒースは以下のように話します。
「正直、勝利を期待していたわけではありませんでした・・・クロスカントリーでは番狂わせが起きますし、まだシーズン序盤です。何が起こるかわからないのがクロスカントリーです」

一方、敗れたファラーですが、敗北から視点を変えて以下のようにコメントしています。
「確かに、負けたくはありませんでした。ただ、まだシーズン序盤です。後で負けるよりも、今負けておいた方がよいでしょう。それでも、ヒースは素晴らしい選手でした。毎年、このレースに向けてしっかりと用意をしています」

http://www.letsrun.com/news/2016/01/garrett-heath-take-another-huge-scalp-beats-mo-farah-2016-great-edinburgh-xcountry-international-challenge/

Heath to take on Farah as he aims for Great Edinburgh XCountry hat-trick
Garrett-Heath-1250x750
モハメド・ファラーが、約5年ぶりにXCレースに出場することが発表されているBUPAエディンバラXCですが、2014、2015年と4k部門でアスベル・キプロプ、ケネニサ・ベケレらを相手に連覇を成し遂げているアメリカのギャレット・ヒースが、ファラーと同じ8k部門に出場することが明らかになりました。

若くしてノルディックスキーで州での優勝を成し遂げるなど、寒い中でのXCレースを得意とするヒースですが、五輪での優勝、世界選手権で連覇を成し遂げているモハメド・ファラー相手に連覇を維持できるのか、注目が集まります。キプロプもシーズン外でのレース、ベケレも本調子ではなかったとはいえ、この世界的実力者に勝つのは決して簡単なことではないはずであり、もしかすると非常に面白い展開もあり得るかもしれません。

http://www.athleticsweekly.com/featured/heath-to-take-on-farah-as-he-aims-for-great-edinburgh-xcountry-hat-trick-37254/

Mo Farah to compete at Great Edinburgh XCountry
4444
五輪王者であり、世界選手権でも連覇を成し遂げるなど、5000、10000mではここ数年で最も支配的とも言える活躍をしているモハメド・ファラーが、来年1月9日に行われるBUPAエディンバラXC8kに出場予定であることが分かりました。
2011年に出場した際は、トレーニングパートナーとなるゲーレン・ラップとともに出場し優勝、その後の世界選手権での優勝への足がかりを作りました。

「これまでXCは私にとって重要なトレーニングでした。久しぶりにレーススケジュールにXCが組み込まれると分かり、非常にうれしく思い、重要な2016年のスタートを切れることを楽しみにしています」 
バリー・ファッジ英国陸連長距離部長も、出場はリオ五輪連覇への基礎的な準備の重要な一環として計画されたものであるとしています。

http://www.athleticsweekly.com/featured/mo-farah-to-compete-at-great-edinburgh-xcountry-35426/

Great Edinburgh XC Men’s 4k
6a4b10bc-598e-4882-8295-b8fd5153a368
昨日行われたBUPAエディンバラXCにおいて、アメリカのギャレット・ヒースが昨年に引き続き二連覇を果たしたことが分かりました。

注目のキプロプは4位など、有名選手は軒並み低調な結果に終わっていますが、数日前にレース復帰を果たしたアメリカのデイゼン・リツェンハインが3位に入るという好調ぶりを見せました。

【Result】
1.Garrett Heath (USA) 12:11
2.Japheth Korir (KEN) 12:19
3.Dathan Ritzenhein (USA) 12:27
4.Asbel Kiprop (KEN) 12:29


http://www.letsrun.com/news/2015/01/2015-great-edinburgh-xc-mens-4k-garrett-heath-wins/

このページのトップヘ