世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:エリウド・キプチョゲ

Eliud Kipchoge Wins Airtel Delhi Half-Marathon in 59:44

昨日行われたデリー・ハーフマラソンにおいて、ケニアのエリウド・キプチョゲが、五輪後初レースとなる今大会で見事優勝を果たしたことが分かりました。2位にはリオ五輪10000mで4位入賞を果たしたエチオピアのYigrem Demelash、3位にはケニアのオーガスティン・チョゲが入賞しています。

「非常に状態が良好でした。また、私のコーチ(1992年五輪3000mSC銀メダリストであるパトリック・サンウ)の適切なガイダンスがあり、優勝を果たすことができました」

【Result】
Men
1. Eliud Kipchoge (KEN) 59:44
2. Yigrem Demelash (ETH) 59:48
3. Augustine Choge (KEN) 1:00:01

Women
1. Worknesh Degefa (ETH) 1:07:42
2. Ababel Yeshaneh (ETH) 1:07:52
3. Helah Kiprop (KEN) 1:08:11


http://www.letsrun.com/news/2016/11/eliud-kipchoge-wins-airtel-delhi-half-marathon-5944-battle-olympic-10000-4th-placer-yigrem-demelash/

Kipchoge focused
Germany-Berlin-Marathon-1789x1254
今年最も活躍したマラソン選手の一人であるケニアのエリウド・キプチョゲが、来年のロンドンマラソンでマラソン初戦を迎えることが分かりました。来年の目標はあくまでリオ五輪であるとしながらも、今年の覇者が来年もタイトル保持を目指し、出場するということは、毎年世界最高峰の選手たちが集まるレースがさらに盛り上がる予感を感じさせます。

「ロンドンは、リオ五輪への準備を始める上でも、自信をもってシーズンをキックオフできる場所です。」
キプチョゲがこれまで五輪で獲得したメダルは銀と銅であり、来年の五輪で金メダルの獲得を狙います。

http://www.the-star.co.ke/news/2015/12/28/kipchoge-focused_c1266127

Kipchoge to skip jackpot defining Tokyo race
Kipchoge_EliudA1a-London15
今季のワールド・マラソン・メジャーズ(WMM)シリーズにおいて、50ポイントでトップの成績を維持しているケニアのエリウド・キプチョゲが、WMM最終戦とな東京マラソンには出場しない予定であることを明言しました。
「2月に東京に行くつもりはありません。賞金を獲得するために、無理はできません。あくまで計画通りに進めるつもりです。今年達成したことより、2016年はさらに素晴らしいことを達成したいのです」

「リオ五輪は今私の最大の目標です。もし代表に選出された場合、誇りを持って、ブラジルの地で良いパフォーマンスを発揮したいと思っています」

http://www.the-star.co.ke/news/2015/12/17/kipchoge-to-skip-jackpot-defining-tokyo-race_c1262259

PERSONAL BESTS – ELIUD KIPCHOGE
8339fda3-0d17-4fa3-8e37-e3ef0f559d0a
今年のロンドン、ベルリンを制し、今最も勢いのあるマラソン選手の一人であろうエリウド・キプチョゲが、「最高の○○は?」という形式でインタビューに答えています。

***************************************

続きを読む

Kenya's Kipchoge eyes world record at Berlin marathon
eliud-kipchoge_3281378b
シカゴマラソン、ロンドンマラソンを制したケニアのエリウド・キプチョゲが、今週末行なわれるベルリンマラソンで世界記録を目標としている事を明らかにしました。
「誰もが話している事ですが、世界記録を樹立したい。しかし、まず大事なのは勝利すること、その上で記録を樹立することです」
レース当日には30歳になるキプチョゲですが、世界記録保持者のデニス・キメットも、樹立当時は30歳でした。

「世界記録が焦点になるでしょうし、私もそれを成し遂げたい。しかし、私は今まで2時間04分以下で走ったことがないのです。そして、それが私を鼓舞するのです。」

http://china.org.cn/world/Off_the_Wire/2015-09/21/content_36644714.htm

このページのトップヘ