世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:エントリー

Aman, Rojas and Beitia the latest stars announced for Madrid
05efe354-f2a2-4ed8-8230-850c6cddafce
6月23日にスペインの首都マドリードで行われるIAAFワールドチャレンジのエントリー情報が発表されています。

注目は男子800mに出場するモハメド・アマンでしょう。元世界選手権覇者ですが、近年は男子800mも横並びの状態が続き、飛び抜けて目立つことも少なくなりました。そして、そのアマンに対するは、近年台頭してきた選手の1人であるボスニアのアメル・トゥカ、そして、2016年世界選手権男子800m銅メダリストであるAntoine Gakemeです。デイビット・ルディシャも調子が安定しない中、リオ五輪800mの情勢を読むことが難しくなっているため、今回のWCの勝敗が気になる所です。

http://www.iaaf.org/news/news/madrid-aman-rojas-beitia

Amos, Aman and Berian to clash over 800m in Eugene – IAAF Diamond League
705e4c4e-169a-4e1b-a20c-c74a0aaf87af
5月28日に行われるプレフォンテイン・クラシック800mにおいて、注目選手が一堂に会することが決定しました。

まず、最も注目されるのは、昨年の同大会において800mを制したボツワナのナイジェル・アモスです。2012年に五輪で銀メダルを獲得して以来、2015年にはDLで総合優勝を果たすなど目覚ましい結果を残してきました。
また、それと同等なほどに注目するべきは、エチオピアのモハメド・アマンでしょう。一昨年は同大会で優勝を果たし、また、これまでのプレフォンテイン・クラシック800mで2位以下になったことはなく、大会との相性も抜群と言えます。現在はOTCに加入しており、振るわなかった昨シーズンを取り返すようなレースができるのか注目です。

また、注目選手でありながらも、今大会のダークホースとも呼べるのがアメリカのボリス・ベリアンです。今年の世界室内800m金メダリストであり、その好調を維持できているかが焦点となりそうです。

http://www.iaaf.org/news/news/diamond-league-eugene-2016-800m-amos-berian

Ben True (3-Time Winner) And Molly Huddle (2-Time Winner) Will Defend Their Titles At The BAA 5K
4949
今週末行われるBAA5kですが、例年通りレベルの高いエントリーとなっています。

男子部門では、最も実力があるのはエチオピアのデジェン・ゲブレメスケルでしょう。世界大会でのメダル獲得経験もある彼ですが、リオ五輪に向けてどのような状態でいるのか注目でしょう。そして、それに対抗するは、アメリカのベン・トゥルーです。3回このレースを制しており、また、ロードでの実力はお墨付きなだけに、タイトル連覇を成し遂げられるのか気になることろです。他にも、アメリカのディエゴ・エストラダなど、楽しみなレース内容となる予感です。

女子部門は、トゥルーと同じく前回覇者であるモリー・ハドルに注目です。米国長距離界ではもはや敵なしの彼女ですが、それに対するはニュージーランドのキム・スミスです。故障明けではありますが、故障前の実績は無視できないものがあるだけに、ハドルにどう挑むのか注目です。

http://www.letsrun.com/news/2016/04/saturday-ben-true-3-time-winner-molly-huddle-2-time-winner-will-defend-titles-baa-5k/

Bernard Lagat, Lawi Lalang, Will Leer, Collis Birmingham And Andy Vernon Headline Field For Next Weekend’s Carlsbad 5K
hqdefault
今週末行われるカールスバッド5000ですが、例年の如く非常にレベルの高いエントリー内容となっています。

まず、男子で注目されるのは、昨年優勝者であるケニアのラウィ・ラランでしょう。タイトル連覇となるのかが注目されるところです。そして、彼がトレーニングパートナーを務めるバーナード・ラガトも出場します。一昨年はコースの距離不足により記録が認可されず、昨年はマスターズ記録を樹立した彼ですが、今年は怪我の影響により世界室内の代表獲得を逃しています。リオ五輪出場を目指すうえで、世界室内からどの程度復調しているのか注目です。
他にも、アメリカからウィル・リーア、ハッサン・ミード、イギリスからアンディ・バーノン、オーストラリアからコリス・バーミンガムら注目選手も出場します。

女子部門で注目されるのは、エチオピアのメセレト・デファーでしょう。今季から本格的にトラック復帰を果たした彼女ですが、早速世界室内ではメダルを獲得しています。どのような記録を残すのか注目です。

http://www.runrocknroll.com/carlsbad-5000/news/2016/03/2016-carlsbad-5000-startlist/

2016 IAAF World Indoor Championships
Capture
来週開催される世界室内選手権ですが、そのエントリーリストが公開されました。

エントリーが注目されたエチオピアのゲンゼベ・ディババですが、やはり事前の発表通り3000mのみのエントリーとなりました。男子3000mも、前回チャンピオンであるケニアのディクやオーガスティン・チョゲ、エチオピアのデジェン・ゲブレメスケル、エネウ・アラミレウといった強豪のエントリーが確認できます。男子1500mでも、モロッコのイグイダーやニュージーランドのニック・ウィリスなど、役者はあらかた出揃ったと言えるのではないでしょうか。

Iaaf World Indoor Championships Portland 20163 by Brianne Dyer



http://www.flotrack.org/event/252188-2016-iaaf-world-indoor-championships/entries

このページのトップヘ