世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:エントリー

The Olympic marathon silver medallist makes his debut at the event against three-time winner Mo Farah
_91108623_farahwins_pa
今週末行われるグレート・ノース・ランでは、非常に白熱した争いが見られそうです。

まず、最も注目を集めるのは、前回優勝者であるモハメド・ファラーです。今季トラックからの引退を宣言し、来季からはマラソンへ移行を明言している彼ですが、どのようなレースを見せてくれるのか、マラソンを見据えた挑戦となるでしょう。

挑戦者としては、昨年もこのレースで激しい争いを繰り広げたアメリカのデイゼン・リツェンハインも出場します。元からこの距離は得意とする彼ですから、今回も持ち味を活かしたロングスパートで、高速レースを見せてくれることでしょう。また、同じくアメリカからは、42歳となったバーナード・ラガトも出場します。60分台を目標としており、トラックを去った今でも高い競技力を維持するベテランからも目が離せません。他にも、ニュージーランドのロバートソン兄弟や、エチオピアのリオ五輪マラソン銀メダリストのフェイサ・リレサも出場するなど、書き尽くせないほどの面子が集まっています。

女子部門でも、ヴィヴィアン・チョルイヨット VS メアリー・ケイタニーが実現するなど、今回は毎年恒例ながら、いつも以上にレベルの高い争いとなる予感です。

http://www.athleticsweekly.com/news/feyisa-lilesa-added-great-north-run-68599

BRUSSELS Diamond League
memorial01
DL最終戦であるブリュッセル大会が9月1日に行われます。

男子800mには、ポーランド勢のアダム・クチョット、マーチン・レヴァンドフスキをはじめ、アスベル・キプロプらケニア勢、それに加えてボツワナのナイジェル・アモスと、粒ぞろいなレースとなっています。男子3000mSCには、ケニアの強豪コンセスラス・キプルト、ジャイラス・ビレチも注目ですが、今季WLで、モナコDLで惜しくも北米新と7分台を逃したエヴァン・イェーガーにも注目です。世界選手権では金メダルこそ逃しましたし、今季のピークは過ぎている可能性が高いですが、もしかしたら好記録が見られるかもしれません。女子1500mにも、ORGPJ所属のシファン・ハッサンら注目選手が多数出場予定です。

https://brussels.diamondleague.com/en/program-results/program-diamond-league/

Aman, Rojas and Beitia the latest stars announced for Madrid
05efe354-f2a2-4ed8-8230-850c6cddafce
6月23日にスペインの首都マドリードで行われるIAAFワールドチャレンジのエントリー情報が発表されています。

注目は男子800mに出場するモハメド・アマンでしょう。元世界選手権覇者ですが、近年は男子800mも横並びの状態が続き、飛び抜けて目立つことも少なくなりました。そして、そのアマンに対するは、近年台頭してきた選手の1人であるボスニアのアメル・トゥカ、そして、2016年世界選手権男子800m銅メダリストであるAntoine Gakemeです。デイビット・ルディシャも調子が安定しない中、リオ五輪800mの情勢を読むことが難しくなっているため、今回のWCの勝敗が気になる所です。

http://www.iaaf.org/news/news/madrid-aman-rojas-beitia

Amos, Aman and Berian to clash over 800m in Eugene – IAAF Diamond League
705e4c4e-169a-4e1b-a20c-c74a0aaf87af
5月28日に行われるプレフォンテイン・クラシック800mにおいて、注目選手が一堂に会することが決定しました。

まず、最も注目されるのは、昨年の同大会において800mを制したボツワナのナイジェル・アモスです。2012年に五輪で銀メダルを獲得して以来、2015年にはDLで総合優勝を果たすなど目覚ましい結果を残してきました。
また、それと同等なほどに注目するべきは、エチオピアのモハメド・アマンでしょう。一昨年は同大会で優勝を果たし、また、これまでのプレフォンテイン・クラシック800mで2位以下になったことはなく、大会との相性も抜群と言えます。現在はOTCに加入しており、振るわなかった昨シーズンを取り返すようなレースができるのか注目です。

また、注目選手でありながらも、今大会のダークホースとも呼べるのがアメリカのボリス・ベリアンです。今年の世界室内800m金メダリストであり、その好調を維持できているかが焦点となりそうです。

http://www.iaaf.org/news/news/diamond-league-eugene-2016-800m-amos-berian

Ben True (3-Time Winner) And Molly Huddle (2-Time Winner) Will Defend Their Titles At The BAA 5K
4949
今週末行われるBAA5kですが、例年通りレベルの高いエントリーとなっています。

男子部門では、最も実力があるのはエチオピアのデジェン・ゲブレメスケルでしょう。世界大会でのメダル獲得経験もある彼ですが、リオ五輪に向けてどのような状態でいるのか注目でしょう。そして、それに対抗するは、アメリカのベン・トゥルーです。3回このレースを制しており、また、ロードでの実力はお墨付きなだけに、タイトル連覇を成し遂げられるのか気になることろです。他にも、アメリカのディエゴ・エストラダなど、楽しみなレース内容となる予感です。

女子部門は、トゥルーと同じく前回覇者であるモリー・ハドルに注目です。米国長距離界ではもはや敵なしの彼女ですが、それに対するはニュージーランドのキム・スミスです。故障明けではありますが、故障前の実績は無視できないものがあるだけに、ハドルにどう挑むのか注目です。

http://www.letsrun.com/news/2016/04/saturday-ben-true-3-time-winner-molly-huddle-2-time-winner-will-defend-titles-baa-5k/

このページのトップヘ