世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:グレート・ノース・ラン

The Olympic marathon silver medallist makes his debut at the event against three-time winner Mo Farah
_91108623_farahwins_pa
今週末行われるグレート・ノース・ランでは、非常に白熱した争いが見られそうです。

まず、最も注目を集めるのは、前回優勝者であるモハメド・ファラーです。今季トラックからの引退を宣言し、来季からはマラソンへ移行を明言している彼ですが、どのようなレースを見せてくれるのか、マラソンを見据えた挑戦となるでしょう。

挑戦者としては、昨年もこのレースで激しい争いを繰り広げたアメリカのデイゼン・リツェンハインも出場します。元からこの距離は得意とする彼ですから、今回も持ち味を活かしたロングスパートで、高速レースを見せてくれることでしょう。また、同じくアメリカからは、42歳となったバーナード・ラガトも出場します。60分台を目標としており、トラックを去った今でも高い競技力を維持するベテランからも目が離せません。他にも、ニュージーランドのロバートソン兄弟や、エチオピアのリオ五輪マラソン銀メダリストのフェイサ・リレサも出場するなど、書き尽くせないほどの面子が集まっています。

女子部門でも、ヴィヴィアン・チョルイヨット VS メアリー・ケイタニーが実現するなど、今回は毎年恒例ながら、いつも以上にレベルの高い争いとなる予感です。

http://www.athleticsweekly.com/news/feyisa-lilesa-added-great-north-run-68599

Mo Farah denies collusion with training partner to win Great North Run
Mo-Farah-and-Mike-Kigen
昨日行われたグレート・ノース・ランですが、優勝したモハメド・ファラーと、2位に入ったマイク・キーゲンとの間で申し合わせがあったのではないのかと一部報道が報じています。上げられている理由としては、ファラーとキーゲンは以前トレーニングを共に行っていたということ、レース中に会話が見られたということ、レース終盤での意図的な失速があったように見える等が挙げられているようです。
「キーゲンが私に話した内容は、「Let's go, let's go,」でした。最後に仕掛けることは考えていましたが、我々の目的は、勝利より高速レースに会ったのです。キーゲンが意図的な失速を行ったとも思いません」

同じく、ファラーに僅差で敗れたキーゲンも否定のコメントを発表しています。
「私がスピードを落としたのは苦しかったせいです。最後の400mは私にとっては非常にハードなものでした。これがファラーが私に勝った理由です」

http://www.theguardian.com/sport/2014/sep/07/mo-farah-great-north-run-mike-kigen

Farah fulfils British hopes and Keitany also triumphs at the Great North Run
bdcb6178-183d-46cc-bb58-91fbd388ce94
本日行われたグレート・ノース・ランにおいて、イギリスのモハメド・ファラーがケニアのMike Kigenとの争いを僅差で制する1時間00分00秒で、英国人初となる優勝を成し遂げたことが分かりました。
「マイクは素晴らしいアスリートです。彼がレースで押し続けてくれたおかげで私は今回さらに速く走ることができたと思います。今は休憩して、来年以降の世界選手権とオリンピックに向けて備えてく予定です」

女子部門は、ケニアのメアリー・ケイタニーが、ポーラ・ラドクリフの旧コースレコードを1秒更新する、1時間05分39秒で優勝を成し遂げています。

【Result】
Men
1 Mo Farah GBR 1:00:00
2 Mike Kigen KEN 1:00:00
3 Stephen Kiprotich UGA 1:01:35


Women
1 Mary Keitany KEN 1:05:39
2 Gemma Steel GBR1:08:13
3 Tiki Gelana ETH 1:08:45


http://www.iaaf.org/news/report/farah-keitany-win-2014-great-north-run

このページのトップヘ