世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:ゲンゼベ・ディババ

Genzebe Dibaba Gets World Record #6, Runs 5:23.75 for 2,000 Meters in Sabadell, Spain

昨日、エチオピアのゲンゼベ・ディババが6つ目の世界記録を手にしました。1994年から約13年間保持されてきた世界記録(5:30.36)を、約5秒更新する5分25秒36の世界記録を樹立しています。

昨年は、彼女のコーチであるジャマ・アデンが、ドーピングで逮捕されるなどアクシデントもありましたが、今年も彼女の快進撃は続きそうです。

http://www.letsrun.com/news/2017/02/genzebe-dibaba-gets-world-record-6-runs-523-75-2000-meters-sabadell-spain/

Dibaba returns to Monaco
1674099-35480556-2560-1440
毎年中長距離種目において記録、勝負ともに名レースが行われているモナコDLですが、今年も早速注目のエントリー情報が入っています。

今季10000mに出場という情報がありながらも、故障により10000mを回避したゲンゼベ・ディババが、7月15日に行われるモナコDL3000mに出場することが明らかにされました。今年も破竹の勢いであった彼女だけに、怪我の問題は心配されるところですが、昨年同様好レースが期待されることです。

http://www.iaaf.org/news/news/monaco-diamond-league-2016-dibaba

Dibaba only run in the 5000 Games in Rio
af4049fb-ec6f-4f8b-8c4e-dc60a88e013e
1500m世界記録保持者であり、先週も室内1マイルの世界記録更新を成し遂げたエチオピアのゲンゼベ・ディババですが、今年開催されるリオ五輪に、自身が世界記録を保持する1500mではなく、5000mのみでの出場を予定している旨の発言を行っています。

まだ2月であることから、この発言の真相は決定ではないと思われますが、昨年の世界選手権でも圧倒的な勝利を成し遂げた1500m出場の可能性を否定し、2種目出場でもなく、5000mのみの出場を望む発言に、Letsrunなどでは様々な憶測を呼んでいるようです。

また、今後の予定に関して、今シーズンは世界室内、屋外シーズンに関してはダイヤモンドリーグのオスロ、ユージン大会に出場予定であると語っています。

http://www.marca.com/atletismo/2016/02/19/56c71df722601d6a608b45de.html

Stockholm press conference highlights
880277d6-a3ce-4110-8f23-c2bd657a11f0
明日ストックホルムで開催されるGloben Galanにおいて、女子1マイルと男子1000mの2つの世界記録が樹立される可能性があります。

まず、昨年1500mで驚異的な世界記録を樹立したゲンゼベ・ディババが、1マイルの世界記録更新を狙います。既に室内1500mの世界記録は保持している彼女だけに、世界記録更新は十分すぎるほど可能と言えるでしょう。また、世界室内に関しても、決定はこのレースの結果次第としながらも、1500m、3000mの2種目2冠を目標とするとしています。

次に、男子1000mの世界記録更新を宣言するのはジブチのアヤンレ・スレイマンです。現在の世界記録はデンマークのウィルソン・キプケテルが樹立した2分14秒96です。スレイマンは昨年の世界選手権1500m予選において、脹脛の故障による途中棄権を行って以来、トレーニングを行いパフォーマンスの改善を行ってきました。師事するは、ゲンゼベ・ディババと同じくジャマ・アデンコーチです。

共に400mレペティションを8本から12本行うという、彼らの快進撃のスタートとなるのか注目です。

http://www.iaaf.org/news/news/globen-galan-stockholm-2016-dibaba-murer

Jama Aden interview: Coaching Genzebe Dibaba
Jama-Aden-and-Genzebe-Dibaba-credit-Albert-Salame-1250x750
・ジャマ・アデンは、ゲンゼベ・ディババの他、アヤンレ・スレイマン、タウフィク・マクルフィ、アブバケール・カキなど、世界で最も成功した中距離選手のコーチの1人。
・ゲンゼベ・ディババは、1500mを3分47秒で走ることができる。
・最初にコーチングを任された際、彼女には天性のスピードがあると判断し、必要なのは走行距離であると判断した。
・今年はまだスピードトレーニングを行っていないが、彼女は速く走っている。鍵は走行距離を維持し、トレーニングを繰り返していくこと。
・6×800m(R=2-4min)を2:04、2:03、2:04、2:03、2:02、1:58で行った。
・昨年の北京世界選手権直前には4×1500m(R=4-5min)を4:06、4:04、4:03、4:02で行った。
・昨年のモナコDLでは、2周目のラップが64秒であった。これを62秒にしたい。
・今年は3000mの世界記録8分06秒を狙う。
・3000mの記録更新は確信しているが、5000mはペーサー次第。
・800mは1分54秒で走ることができると考えており、世界記録(1分53秒28)に肉薄するだろう。

http://www.athleticsweekly.com/featured/jama-aden-interview-coaching-genzebe-dibaba-38335/

このページのトップヘ