世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:ゲーレン・ラップ

It’s Official: Galen Rupp To Run 2016 US Olympic Marathon Trials As Well As World Indoors
galen-rupp-us-olympic-marathon-trials-half-marathon-qualifier
オレゴン・プロジェクト所属であり、2012年ロンドン五輪10000m銀メダリストであるゲーレン・ラップが、2月13日に行われる五輪マラソン代表選考会に出場することを公式に発表しました。USATF.TVでの15分のインタビュー動画で明らかになったものです。

昨年末にポートランドでハーフマラソンに出場、1時間01分20秒を記録し、その時期や選考会参加標準の突破などから、Flotrackなどではマラソン選考会への出場が騒がれていましたが、今回それが実現した形となりました。しかし、ラップは同時に、今年3月にポートランドで開催予定の世界室内への出場も明言しており、実際に行うとすればかなりの強行スケジュールとなりそうです。

また、依然としてリオ五輪は10000mを最重視していることも話しています。

http://www.flotrack.org/article/39297-breaking-galen-rupp-will-run-olympic-marathon-trials 
http://www.letsrun.com/news/2016/01/official-galen-rupp-run-2016-us-olympic-marathon-trials-well-world-indoors/

Galen Rupp breezes to victory, qualifies for the U.S. Olympic Marathon Trials

昨日オレゴン州ポートランドで行われたフット・トラフィック・ホリデー・ハーフ・マラソンにおいて、ゲーレン・ラップが、独走ながらも1時間01分20秒で優勝したことが分かりました。
サラザールからは、ラップのパフォーマンスに満足しているというコメントが得られているようですが、LetsrunやFlotrackなどでは、来年2月に開催されるマラソンの五輪選考会への出場資格(ハーフ:1時間05分)を得たことから、マラソン選考会へ出場するのではないかという話題で盛り上がっているようです。

しかしながら一方で、現在のラップに五輪でマラソンを走る必要性の無さなどから、あくまで来年の、まずは世界室内を見据えたトレーニングの一環であるという冷静な見方もあるようです。

http://www.oregonlive.com/trackandfield/index.ssf/2015/12/galen_rupp_breezes_to_victory.html#incart_story_package

Galen Rupp Is Running A Half-Marathon This Sunday
912adceb90fe9d5f5a82a1b7ec06deaee3ea56cb
ゲーレン・ラップのエージェントを務めるリッキー・シムズより、オレゴン・プロジェクトのゲーレン・ラップが、今週末ハーフマラソンに出場することが明かされています。

出場予定の大会はポートランドで行われるフット・トラフィック・ホリデー・ハーフマラソンとされています。しかし、この時期でのハーフ出場というレース選択から、2012年にも噂されたように、ラップがマラソンで五輪出場を目論んでいるのではないかという憶測が流れているようです。シムズによれば、今回はトレーニングを兼ねての出場ということですが、Letsrunでは「ナイキがマラソンの五輪選考会で結果を残すチャンス」「ゲーレン・ラップが五輪で金メダルを獲得するには、モハメド・ファラーのいる10000mではなくマラソンが可能性が高い」といった興味深い考察も行われいます。

いずれにせよ、これが噂通りマラソンを意識したものなのか、もしくは来年ラップの故郷であるポートランドで行われる世界室内に向けたトレーニングの一環なのかは不明であり、今週末実際に出場するとするならば、ラップの来年に向けた初戦とも言える走りを楽しみにしたいところです。 

http://www.letsrun.com/news/2015/12/galen-rupp-running-half-marathon-sunday-will-olympic-marathon-trials/

Galen Rupp Wins His 7th Straight US 10,000 Crown
無題
先ほど終了した全米選手権男子10000mにおいて、ゲーレン・ラップが28分11秒61で7連覇を成し遂げたことが分かりました。2着にはベン・トゥルーが入り、3着にはハッサン・ミードが入っています。

レースの結果自体はスローですが、2年前を彷彿とさせるような800mからのロングスパートを見せつけての圧勝でした。

動画:http://www.usatf.tv/gprofile.php?mgroup_id=45365&do=videos&video_id=150032 

http://www.letsrun.com/news/2015/06/galen-rupp-wins-his-7th-straight-us-10000-crown-ben-true-2nd-hassan-mead-third/

このページのトップヘ