世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:コモンウェルス・ゲームズ

Nick Willis sets sights on medals in two races at Commonwealth Games
1501919151349
ニュージーランドのニック・ウィリスは、2018年にグラスゴーで行われるコモンウェルス・ゲームズで1500mと5000mの2冠に挑戦します。
実は、2014年に同様の挑戦を試みていますが、残念ながら1500mは銅メダル、5000mでは10位に終わっています。
「5000mのトレーニングが十分ではなかったのです。今回は、バランスを重視したいと思っています。つまり、持久力を高めながらも、あまりスピードを落とさないようにするのです。」

今年は、ウィリスにとって不完全燃焼となる年でした。怪我により、十分な状態でレースに臨むことができなかったのです。しかし、それでもフィフス・アベニュー・マイルを始め、トラックレースで燃焼できなかった分を、秋から冬のレースにかけて結果を残してきました。
すでに34歳という年齢に達し、ベテランと呼ばれる年齢に達した彼ですが、まだピークには達していないと彼は語ります。

「私が白髪になった時でも、ライバル達が脅えるくらいでなければ」

http://www.nzherald.co.nz/athletics/news/article.cfm?c_id=19&objectid=11965428&ref=rss

Kipsiro bitter with UAF
453033246
先日行われたコモンウェルス・ゲームズ男子10000mで、モーゼス・キプシロはウガンダにすばらしい金メダルをもたらしました。そのレースでのラスト400mで見せた快進撃を思い出すと彼の表情はとても明るくなりますが、ウガンダ陸連からの扱いについて尋ねると彼の表情は翳りを見せます。

モーゼス・キプシロは2006年以降素晴らしい功績を残しているにも関わらず、ウガンダ陸連からは不遇の扱いを受けてきました。その原因は、彼がすべてを明かしてしまうからです。今年の3月には、ウガンダ陸連の中で女性アスリートに性行為を強要しているということを彼が明らかにし、その結果世界ハーフの代表チームから除外されるということがありました。

今回のコモンウェルス・ゲームズでも、ウガンダのオリンピック委員会が介入するまで代表チームには含まれていませんでした。

http://www.monitor.co.ug/Sports/Athletics/Kipsiro-bitter-with-UAF/-/690274/2409928/-/lp8hip/-/index.html

Cam Levins Just Misses Commonwealth Games Gold as Moses Kipsiro Repeats

※1時間49分頃からラスト800m
昨日終了したコモンウェルス・ゲームズ男子10000mにおいて、ディフェンディング・チャンピオンであるウガンダのモーゼス・キプシロが見事大会2連覇を成し遂げたことが分かりました。2位には僅差でケニアのベットが入り、3位にはカナダのレビンスが見事入賞を成し遂げています。

【Result!】
1 Moses Kipsiro Uga 27:56.11
2 Josphat Kipkoech Bett Ken 27:56.14
3 Cameron Levins Can 27:56.23

http://www.letsrun.com/news/2014/08/cam-levins-just-misses-commonwealth-games-gold-moses-kipsiro-repeats/ 

※レビンスは惜しかったですね。もう少し位置取りだったり、仕掛けるポイントが良ければ金メダルも全く夢ではなかったと思いますが、これは今後に期待が持てるレース内容だったんじゃないでしょうか。キプシロに関しては、ここ最近下がり調子でしたし、今回も位置取り的にもそこまで攻めを感じなかったので心配だったんですが、見事に最後は意地を見せましたね。右足のテーピングが気になりますが、素晴らしい走りでした。

David Rudisha is beaten by Nijel Amos
Amos-Rudisha_2993055b
先ほど終了したコモンウェルス・ゲームズ男子800mにおいて、ボツワナのナイジェル・アモスがケニアのデイビット・ルディシャを破り、優勝を果たしたことが分かった。

【Result】
1 Nijel Amos Botswana 1:45.18
2 David Rudisha Kenya 1:45.48
3 Andre Olivier South Africa 1:46.03

動画(1時間24分ごろ~):https://www.youtube.com/watch?v=XpkM-ed2a7c
http://www.telegraph.co.uk/sport/othersports/commonwealthgames/11004554/David-Rudisha-is-beaten-by-Nijel-Amos-in-800m-final-at-Commonwealth-Games-as-Hampden-Park-witnesses-shock.html

※注目の対決でしたが、今季絶好調のアモスが優勝でしたね。ルディシャはアマンに度々ラストで差されてしまうことが度々あり、スパートはある種ネックになる部分があったとは思いますが、それがまだ復調途中ということで絶好調のアモスには及ばなかったということでしょうか。

David Rudisha and Nijel Amos Both Win Their Semis To Set up Seismic Clash
177627
本日行われたコモンウェルス・ゲームズ男子800m準決勝で、注目の双璧であるデイビット・ルディシャとナイジェル・アモスが順当に通過したことが分かった。明日行われる決勝では二人の対決に注目が集まる。

【通過メンバー】
1組
David Rudisha Ken 1:46.61
Ferguson Cheruiyot Rotich Ken 1:46.88
Guy Learmonth Sco 1:47.78
2組
Nijel Amos Bot 1:45.65
Ronald Musagala Uga 1:45.98
Andre Olivier SA 1:46.30
Evans Kipkorir Ken 1:47.35

このページのトップヘ