世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:デイビット・トーレンス

David Torrence is Dead: RIP
DavidTorrence
本日、アメリカ、ペルーを代表する中距離選手の1人であるデイビット・トレーレンスが死去したことが分かりました。トレーニングを行っていたアリゾナ州スコッツデールのプールで、遺体で発見されたとのことです。31歳でした。トーレンスは現室内1000mのアメリカ記録保持者であり、リオ五輪前にペルー国籍を獲得するなどして話題となりました。

私個人の感想ですが、世界の数々の中距離選手の中でもフォームが非常に整った選手のひとりだったと思います。最近あまり上がりませんが、FlotrackのWOWシリーズで、マンザーノやトレニエレ・モーザーらとトレーニングしていたもの、雨の中800mインターバルをするものが、その整いかつ筋力的な軽さを魅せるフォームと相まって非常に印象深く残っていて、トーレンスを意識した最初の機会だったように思います。その後も、ずっと主戦場としていた1500mの多くの好レースに登場する割には、肝心なところで結果を残せず、と思いきやロードのマイルで勝ったりする彼を、インタビューなどで見てとれた明るい性格と相まって、どんなレースでも目の片隅には置いていました。

もう一つ印象深いのは、かつてロペス・ロモングが、5000mで周回を間違えて残り2周でスパートをかけたレースがありましたが、そのレースが、1500mから活路を見出そうとしたトーレンスの5000mデビュー戦だった記憶があります。個人的には非常にコミカルなレースとなってしまったと思っているのですが、その中で最も被害を被ったのはトーレンスでした。結果好記録だったと思いますが、疲れていたのか残り700m地点ほどでは首が傾いており、首をかしげているように見えて、間違えて爆走するロモングとその後ろで首をかしげながら追いかけるトーレンスという構図に笑ってしまった記憶があります。災難に巻き込まれながらも、なかなか結果を残せていなかった彼だからこそ、1000mでナショナルレコードを破ったときは、私も非常にうれしかったですね。

他にも、ナイキからHOKA ONE ONEにスポンサーを変えたり、ペルー国籍に変えたり色々ありました。ついこの間、レースで見たと思っていましたが、まさか今日このようなニュースを聞くことになるとは思いませんでした。

非常に残念です。悲しい限り。
早すぎだと思うのが率直な思いです。
ご冥福を祈ります。

Laga-w

http://www.azfamily.com/story/36236127/olympic-runner-found-dead-in-scottsdale-condo-complex-swimming-pool

Torrence, Brannen, & Peters make history
uE52tIF78DQUDFzlEXLu
昨日行なわれたボストン大学招待1000mで、アメリカのデイビット・トーレンスがDavid Krummenackerの保持していたアメリカ記録2:17.86を破る2:16.76で走り、米国新を樹立したことが分かった。
2着のネイサン・ブランネン(カナダ)も2:16.87でカナダ新記録を達成、3着のリッチ·ピーターズも2:18.55で米国大学新を樹立するなど、新記録ラッシュとなった。

【Leader's splits】
200m - 27.2
400m - 53.8
600m - 1:21.1
800m - 1:48.9

Ripping It Up
cOIcpvIm61tH22wJEsBa
レベルの高いアスリートは、マッサージであったり鍼であったり、さまざまな方法で怪我を予防し、治療しているということをよく聞く。これらは確かに怪我を予防するために素晴らしい方法ですが、我々はより新しいものを求めています。

というわけで、赤血球の量や筋肉の損傷を回復させる高圧酸素室に行ってきました。

http://www.bayareatrackclub.com/blog/43856-Ripping-It-Up

このページのトップヘ