世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:トラックラウンUSAハイパフォーマンス室内

House of Track HP Meet #3 Men's 3,000

本日行われたトラックタウンUSA ハイパフォーマンス・ミーティング#3の男子3000mに、昨日マラソン代表選考会への出場を宣言したゲーレン・ラップが出場し、7分57秒39で優勝したことが分かりました。

オレゴン・プロジェクトのツイッターには、以下のように書かれていることから、トレーニングの一環で出場した可能性が高いと言えます。



【Result】
1 Rupp, Galen Nike Oregon Project 7:57.39
2 Milam, Willie Unattached 8:27.23
3 Arguinchona, Baxter Unattached 8:51.41


http://results.tfmeetpro.com/Athletic_Timing/TrackTown_USA_High_Performance_Meet_3/results_11.html#round_1

Former Oregon distance runner Eric Jenkins makes a strong pro debut
無題
オレゴン大学出身で、オレゴン・プロジェクト所属のエリック・ジェンキンスが、先日のトラックタウンUSAハイパフォーマンス・ミーティング3000mにおいてデビュー戦を飾りました。結果は惜しくもポール・チェリモに敗れる、7分44秒68という結果に終わりましたが、ジェンキンスは落胆していません。
「思うほど最終ラップは動きませんでした」

「しかし我々は今、高強度なトレーニングを行っている最中であり、そこまで落胆はしていません。シーズンオープン戦としてはまずまずでしょう」
オレゴン大学からオレゴン・プロジェクトのトレーニングへの適応は、思った以上に困難であったと述べるジェンキンスですが、アメリカ中長距離界若手のホープだけに、今後の活躍に期待です。

http://www.oregonlive.com/trackandfield/index.ssf/2016/01/saturday_morning_news_notes_li_35.html

Eric Jenkins To Make NOP Debut This Friday
Tracktown-Tuesday-at-The-House-of-Track-in-Portland_full
今週末、世界室内が開催予定の室内トラック「Nike House of Track」において、ハイパフォーマンス・ミーティングの第2弾が開催されます。

男子3000mには、昨年オレゴン・プロジェクト入りした、オレゴン大学のエリック・ジェンキンスが出場予定となっており、ORGPJデビュー戦を迎えるこということで、非常に注目されます。また、キャメロン・レビンスも同種目には出場予定となっており、昨年後半の故障からどの程度復調しているのか注目されます。

また、男子1マイルでは、Will Geogheganに加え、OTCエリートからトム・ファレル、アンドリュー・ウィーティング、シアラン・オリオネード、ハッサン・ミード、ORGPJの大迫傑など、ビックネームこそいないものの、レベルの高いレースになりそうです。

http://www.flotrack.org/event/252919-tracktown-usa-high-performance-2-2016/entries

このページのトップヘ