世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:ニック・ウィリス

Why Nick Willis is looking to be on top of the world
1471755099516
ニック・ウィリスは、昨年のリオ五輪で悲願の銅メダルを獲得しました。それは2008年の北京五輪で銀メダルを獲得して以来のことです。
「もし、(ケニアのアスベル・キプロプのように)常に世界のトップに君臨していたとすれば、ハングリーでいることは非常に難しいでしょう。しかし、私は世界大会で成功を手に入れられなかったことが数多くあるのです」

失敗をポジティブに捉えるのは、彼の性格なのでしょう。それが彼に、34歳という年齢ながらも世界有数のキック力を維持させ、今の位置に存在させ続けているのです。この春、彼はシンスプリントに悩まされ、4~6月は、半分トレーニング、半分クロストレーニングを行ってきました。それでも回復しなかったため、10日間のオフを取り、全てを手放して回復を手に入れ、過去数週間、着実にトレーニングを積み重ねてきました。そして、今年の目標である世界選手権の出場のための記録を、来週のブリュッセルDLで狙おうとしています。

「トレーニングはすべてうまくいっています。世界選手権に向け、体調が確実に上がってきているのを感じるのは、とても興奮します」
決して良くはない経験の数々と持ち前のハングリーさが、悲願のメダルへの道しるべとなります。

http://www.nzherald.co.nz/athletics/news/article.cfm?c_id=19&objectid=11885634

Workout Wednesday: Nick Willis and Julian Matthews
nickwillis
世界室内で鋭いスパートを放ち、銅メダルを獲得したニュージーランドのニック・ウィリスとそのトレーニングパートナーであるジュリアン・マシューズが、2月のミルローズ・ゲーム前に行ったトレーニングです。

【Workout】
2 Mile Temp (3-5 min rest)
2x600m (2-3 min jog as rest)

Splits:
9:32.5 2 Mile Tempo
1:28.6 1st 600
1:27.6 2nd 600


http://www.flotrack.org/video/937778-workout-wednesday-nick-willis-and-julian-matthews

Nick Willis has eyes on Tokyo Olympics
1453472774192
まだ今年のオリンピックすら始まっていないにも関わらず、ニック・ウィリスは彼自身が既に東京オリンピックに向けて動き出しているのを感じています。
「もし2年前、同じことを聞かれていたら、絶対に不可能だと答えていたでしょう」
ここ3年間で、ウィリスの走行距離は徐々にですが増加してきました。また、今年の最大の目標であるリオ五輪に向け、彼のキャリアでは初の試みとなる、筋力+コンディショニングに関する計画に本格的に着手しています。現時点で故障もなく、五輪で結果を残す準備はできていると話します。

また、今年は五輪以外にも目標が存在しています。一つ目はポートランドで行われる世界室内において、2年前の世界室内で失格になった雪辱を晴らすということ、二つ目は、ジョン・ウォーカーの保持する1マイルのニュージーランド記録である3分49秒08を更新することです。
「うまくいけば今年中に更新することができるでしょう。私の1500mの自己記録である3分29秒66が出されたような状況になれば、間違いなく更新することができます。全体的な計画を考え、6月付近にヨーロッパで狙うことになると思います。」

「2016年になりましたが、私はまだトレーニングを楽しんでいますし、素晴らしく、楽しい経験と実績が積み重なっていきます。スパイクを脱ぐのはまだ当分できなさそうです」

http://www.nzherald.co.nz/sport/news/article.cfm?c_id=4&objectid=11580852

Nick Willis taking it year-by-year - maybe until 2020 Olympic Games
31870f63-06ad-466f-badd-fd71f9541b56
30歳を超えながらも、今季も次々と結果を残し、非アフリカ勢ながらも1500mにおいて最も強い選手の一人であろうニック・ウィリスが、2020年五輪まで彼の中距離キャリアが続くかもしれないと話していることがわかりました。
「私はまだ自分の力が衰えていくようには感じられません」

「いつか私も5000mに移行する時が来るでしょう。しかし、その時がリオ五輪まで来ることはありません。もしかしたら、その先のオリンピックまでも」 

http://www.stuff.co.nz/sport/other-sports/67110285/nick-willis-taking-it-yearbyyear--maybe-until-2020-olympic-games

このページのトップヘ