世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:ブリュッセルDL

BRUSSELS Diamond League
memorial01
DL最終戦であるブリュッセル大会が9月1日に行われます。

男子800mには、ポーランド勢のアダム・クチョット、マーチン・レヴァンドフスキをはじめ、アスベル・キプロプらケニア勢、それに加えてボツワナのナイジェル・アモスと、粒ぞろいなレースとなっています。男子3000mSCには、ケニアの強豪コンセスラス・キプルト、ジャイラス・ビレチも注目ですが、今季WLで、モナコDLで惜しくも北米新と7分台を逃したエヴァン・イェーガーにも注目です。世界選手権では金メダルこそ逃しましたし、今季のピークは過ぎている可能性が高いですが、もしかしたら好記録が見られるかもしれません。女子1500mにも、ORGPJ所属のシファン・ハッサンら注目選手が多数出場予定です。

https://brussels.diamondleague.com/en/program-results/program-diamond-league/

Brussels Preview
e550e5a1-ca13-4ae5-b180-ba6673792abc-2060x1350
今季トラックシーズンの締めくくりに相当するブリュッセルDLが、今週末開催されます。
それぞれの種目を見ても、DL最終戦にふさわしいラインナップとなっており、面白いレースが期待されるところです。
まず、男子800mでは、世界記録保持者であり今年の世界選手権を制したデイビット・ルディシャと、同じく世界選手権で1500mを制したアスベル・キプロプの争いに注目が集まるでしょう。しかし、モハメド・アマン、ナイジェル・アモス、アメル・トゥカなど、ルディシャに勝るとも劣らないそうそうたるメンバーとなっており、混戦が予想されます。
また、男子5000mでは、ケニア勢、エチオピア勢、アメリカ勢がそれぞれバランスよく出場しており、ケニア、エチオピアの中心的な争いに、ゲーレン・ラップを筆頭としたアメリカ勢がどう絡んでいくのかに注目です。また、ラップ、ベン・トゥルーらが12分台をマークすることができるのかにも注目したいところです。

女子1マイルにも、同じくケニア勢、エチオピア勢、アレガウィ、アメリカ勢という構図が形成されており、どのようなレースが展開され、タイムはどの程度になるのか、注目です。

http://www.letsrun.com/news/2015/09/brussels-preview-can-galen-rupp-get-the-ar-in-5k-can-ben-true-break-1300-plus-kiprop-vs-rudisha-the-worlds-best-at-800-and-a-loaded-womens-mile/

このページのトップヘ