世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:ベルリン・ハーフ

Kenya's Olympic bronze medalist to compete in Berlin Half marathon
WilsonKipsang
2012年ロンドン五輪マラソン銅メダリストであるケニアのウィルソン・キプサングが、4月3日に行われるベルリンマラソンに出場する予定であることが明らかになりました。もちろん、レースの目的は、4月24日に行われるロンドンマラソンへの調整です。

昨年NYCマラソンで同じくケニアのスタンリー・ビウォットに敗北して以来のレースは、決して満足できるようなものではありませんでした。2月のRAKハーフマラソンでは7位に終わっています。
「2月のハーフマラソンで、さらにトレーニングが必要であることが分かりました。」 

また、キプサングは、2015年にロンドンとニューヨークでマラソンタイトルを逃したのが、彼のスプリント能力の不足にあると考えており、スピードトレーニングにも焦点を当ててきました。

「昨年のニューヨークでのレースの後、家族との休暇を楽しみました。しかし、その間もトレーニングを継続し続けており、再びロンドンでレースに出場できることを非常に楽しみにしています。トレーニングはうまくいっており、ロンドンマラソン、そして2016年、私は素晴らしい結果を残すことができるはずです」 

http://news.xinhuanet.com/english/2016-03/22/c_135210887.htm

Fast starting Komon prevails in Berlin
Leonard-Komon-wins-half-marathon-debut-in-Berlin
10kmと15kmの世界記録保持者であるレオナルド・コモンが、本日のベルリン・ハーフでハーフマラソンデビューを果たし、59分14秒で優勝したことが分かった。

先日ハーフマラソンデビューに関するインタビューで世界記録を狙うことを宣言しており、それは達せられなかったものの期待を裏切らない好記録での優勝となった。スプリットタイムは10k-27:40、15k-41:44、20k-56:05だった。

http://www.worldrunning.com/news/fast-starting-komon-prevails-in-berlin/

このページのトップヘ