世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:マシュー・セントロウィッツ

Centro 3x800 workout
無題
全米室内選手権1500mチャンピオンであるマシュー・セントロウィッツの行ったトレーニング情報です。ソースは不明なので、真偽の程は分かりません。

【Workout】
3×800m (Rest=4min)
1:57-1:54-1:51


※私が情報を知ったのはLetsrunの掲示板ですが、調べる限りでは以下のツイートがソースなのではないかと思われます。
 

http://www.letsrun.com/forum/flat_read.php?thread=7106818&page=2

Robby Andrews Gives Him a Run for His Money, But Matthew Centrowitz Remains King of the 1500
無題
本日行われた全米室内選手権男子1500mにおいて、オレゴン・プロジェクトのマシュー・セントロウィッツが3分44秒33で優勝を成し遂げたことが分かりました。2位にはロビー・アンドリューズが僅差で入り、世界室内代表の枠を勝ち取っています。

レース内容としては終始、今季無敗かつ3000mで自己記録を大幅更新という絶好調で臨んだセントロウィッツを中心に推移しました。序盤はけん制してスローな展開となりましたが、終盤にセントロウィッツが一気にペースを上げ最終ラップに持ち込みました。圧倒的な優勝かと思われたものの、アンドリューズがラスト100mから巻き返し、あわや優勝を勝ち取るかと思われましたが、セントロウィッツも先頭を譲ることなくゴールとなりました。

【Result】
1 Matthew Centrowitz Nike / Nike O P 3:44.33
2 Robby Andrews adidas 3:44.40
3 Ben Blankenship Nike 3:45.40


【動画】http://www.usatf.tv/gprofile.php?mgroup_id=45365&do=videos&video_id=168634 

http://www.letsrun.com/news/2016/03/robby-andrews-gives-run-money-matthew-centrowitz-remains-king-1500/

Exhausted Centrowitz misses repeat medal
centrofinalbeijing15_0
世界選手権で前回銀メダリストであったマシュー・セントロウィツは、今回金メダルを望んでいました。しかし、結果は8位という予想に反したものでした。
「あれはミスでした。私はレースで良いポジションに着けることはできました。しかし、残り300mの時点で既にオールアウトしており、反応できなかったのです」

「私はさらに良い色のメダルを期待していた。しかし、私のできることは全てやったつもりです」
今期、800mと1500mで自己ベストを更新するなど、好調さが窺えたマシュー・セントロウィツですが、今シーズンの今後の予定については、欧州リーグに出場することより、来年のリオに向けて今シーズンは終了するとのことです。

http://registerguard.com/rg/sports/trackandfield/33452843-84/exhausted-centrowitz-misses-repeat-medal.html.csp

Matthew Centrowitz tunes out the allegations and sharpens his focus as the USATF Championships approach
-e79553084b30213d
今年、マシュー・セントロウィッツの目標は「集中し続けること」です。
ここ数日セントロウィッツの所属するオレゴン・プロジェクトは、疑惑と好奇心の目にさらされ続けていますが、その中で彼は先日のニューヨークDL800mで1分44秒62という自己新記録をマークしました。次の目標は、全米選手権となります。あくまで、セントロは選手権で勝つ選手になること、さらに上を目指すことなのです。
しかし、彼がそのように目標を定め、それにはっきりと「集中」できるようになるまでに、少々ピントがずれることがあったことも事実です。

最近のトレーニングのあと、セントロウィッツはコーチであるアルベルト・サラザールに、1500mで自己新記録を出す準備ができたということを伝えました。しかし、それはすぐに彼に正されることになります。
「彼は、『タイムを気にすることはやめよう』と言いました」

「彼は『まずは、周りの選手と競り合うことに集中しよう』と言ったのです。彼は絶対的に正しい。彼は私の考えを変えました」
先日からの疑惑は主に、ゲーレン・ラップとサラザールに対して向けられたものの、集中力を鈍らせることになっていたのかもしれません。現時点でセントロウィッツにその疑惑は向けられてませんが、今回その件に関してコメントをしています。
「私はビタミンCと鉄分以外を摂取したことはありません。それに、コーチやゲーレンらが疑惑のようなことをしているところも見たことがありません」

これまで、マシュー・セントロウィッツは、銅、銀というメダルを手にしてきました。次に金を狙うことは当然と言えるでしょう。
「それを傲慢だとは思いません」
彼は「集中」し、さらに高みを目指します。

http://www.oregonlive.com/trackandfield/index.ssf/2015/06/matthew_centrowitz_sharpens_hi.html 

※最近NOPに関する記事は、肯定派否定派を含めて、非常に多くの記事、情報が流れています。今回はNOPを肯定的な意見から書かれた記事を紹介しましたが、私個人は情報の発信者という立場で言えば、そのどちらでもありません。できればどちらの立場の記事も同様に紹介したいのですが、それは時間の都合上不可能です。今回の記事の紹介も同様、私個人の恣意は含まれていないということを念のため述べさせて頂きます。

このページのトップヘ