世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:ミルローズ・ゲーム

Matthew Centrowitz Sets Sights On Winning Worlds, Racing Longer Distances At Next Two Olympics
olympics-1500m-matt-centrowitz-gold
以前、ミルローズ・ゲームズ2マイルに、五輪1500m金メダリストであるマシュー・セントロウィッツが出場することが発表された際、誰もがゲーレン・ラップのアメリカ記録更新を期待したことでしょう。しかし、結果は8分21秒07の7位と、苦しい結果に終わりました。
「非常にヘビーなレースでした。4分07秒、4分08秒での通過を予想していましたが、実際はそれ以上に高速に感じました」

2020年、2024年までに1500mから10000mまで距離を伸ばそうと考えている27歳は、このレースへの挑戦を後悔しないでしょう。特に、このレースに向けて行われたトレーニングでの走行距離は、確実に彼の1500mでの強さに磨きをかけることは間違いありません。

「私は昨年も、3000mで5000m~10000mを専門とするハッサン・ミードに勝利しています。間違いなく、私は5000mでよい結果を残せるはずです」

「トレーニングはこのレースに焦点を当てたものであって、調子が悪いわけではありません。リオでの金メダル獲得後、少し休みましたが、継続してトレーニングを続けてきました。今日はそのせいか、少し疲れを感じました。それが最後の800m~1000mで現れたのでしょう」

「良いニュースは、トレーニングがうまくいっているということです。今日競い合った彼らと、夏にラスト200mで競い合うことを楽しみにしています」 

http://www.teamusa.org/News/2017/February/13/Matthew-Centrowitz-Sets-Sights-On-Winning-Worlds-Racing-Longer-Distances-At-Next-Two-Olympics

Steeple Star Seeks Greater Success Indoors and Outdoors
EvanJager_7
昨年3000mSCでARを樹立するなど躍進を遂げ、今や3000mSCトップクラスの選手となったエヴァン・イェーガーですが、今週末にミルローズ・ゲーム3000mにおいて室内シーズン初戦を迎えることになります。

1月末にふくらはぎの故障から、10日ほどトレーニングからの離脱を余儀なくされた彼ですが、「とても早く治った」と言うこともあり、今週末は自身の3000m自己記録(7分39秒98)を更新したいと考えているようです。また、地元ポートランドで行われる世界室内3000mへの出場も、今季の彼の目標の一つです。
「ポートランドで行われる世界選手権で走る唯一のチャンスです。私は7年半ポートランドに住んでいるので、それはとても素晴らしいものになるでしょう。スタートラインを踏み、ポートランド出身である私の名前が呼ばれる、そして地元の素晴らしい応援の下走る・・・とてもクールです。」

しかし、イェーガーを含めたバウマン・トラック・クラブの目標はあくまで夏のリオ五輪に定められています。その前哨戦とも言える室内シーズンでの彼らの活躍にも注目です。

http://www.armorytrack.com/gprofile.php?mgroup_id=45586&do=news&news_id=397181

NYRR Wanamaker Mile at the 109th NYRR Millrose Games to Feature Rematch Between Matthew Centrowitz and Nick Willis as They Lead World-class Men’s Field
426221_full
昨年、ミルローズ・ゲームの花形種目であるワーナーメーカー・マイルにおいて、昨年の優勝者であるマシュー・セントロウィッツと、僅差で敗れ去ったニック・ウィリスの再戦が行われることが明らかになりました。両者ともに世界大会でのメダルを獲得した経験があり、かつ非アフリカ系ながらも世界トップクラスの実力を有する両者だけに、今回も非常に面白いデットヒート、そして記録が見られることでしょう。

男子部門では、他にロンドン五輪1500m銀メダリストであるレオ・マンザーノや、今年もエディンバラXCで活躍したギャレット・ヒース、イギリスのクリス・オヘアなど、レベルの高い選手が集まっています。

女子部門では、昨年優勝を果たしたシャノン・ロウバリーを初め、トレニエレ・モーザー、ヘザー・カンプなど、男子に見劣りしないラインナップとなっています。

http://www.armorytrack.com/gprofile.php?mgroup_id=45586&do=news&news_id=393464

このページのトップヘ