世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:メルボルンWC

Rudisha set to return to Melbourne
d2e86495-4831-4dc6-a290-6be4e5d63904
800m世界記録保持者であるケニアのデイビット・ルディシャが、3月5日に開催される予定のメルボルンWC800mに出場する予定であることが分かりました。ルディシャがシーズン初戦でこのレースを選択するのは、もはや恒例となっており、同じくシーズン初戦をメルボルンで迎た2012年を再現するべく今季初レースに挑みます。
「オーストラリアに戻ってこられることをとても楽しみにしています。この大会はこれまで、私のシーズンプログラムの重要な役割を果たしてきました。2012年のような、金メダルを獲得したシーズンプログラムを再現したいと思っています」

「また、オーストラリアには素晴らしい800m選手が多く、またその中には800mの五輪標準記録を破っていない選手も多くいます。必ず良いレースができると思いますから、彼らの出場標準獲得のために役立てると思っています」
なお、ルディシャはメルボルンでのレースの後、パースで行われるレースに出場する予定とのこと。

http://www.iaaf.org/news/news/melbourne-world-challenge-2016-rudisha

David Rudisha is surprisingly challenged to the finish, improves to 1:44.94 in Melbourne

本日行われたメルボルン・ワールド・チャレンジにおいて、男子800mに出場したデイビット・ルディシャが1分44秒94で優勝、シドニーに引き続きシーズン序盤ながら好調ぶりを見せています。
※動画は2時間47分30秒前後から男子800mが始まります。

【Result】
1 Rudisha, David Ken 1:44.94
2 Riseley, Jeffrey Aus 1:45.29
3 Rowe, Alex Aus 1:47.11


http://www.letsrun.com/news/2015/03/david-rudisha-is-surprisingly-challenged-to-the-finish-improves-to-144-94-in-melbourne/

Korir and Spearmon added for Qantas Melbourne WC, Powell withdraws
Japhet+Kipyegon+Korir+40th+IAAF+World+Cross+0YeXZZ64hqal
2013年世界XC選手権シニア12kで勝利を飾ったJaphet KorirがメルボルンWC5000mへと出場する。
他の有力出場選手としては、世界XCディフェンディング・チャンピオンであったエチオピアのイマネ・メルガ、1500mオーストラリア記録保持者であるライアン・グレッグソンなどがいる。

「世界XCでの素晴らしいレースのあとで、メルボルンで走れることを楽しみにしています。ルディシャやキプロプのように、多くの同胞がオーストラリアで良い走りをしてきた。自分もそれに続きたいと思う。」 

http://www.runnerstribe.com/article/19798-Korir-and-Spearmon-added-for-Qantas-Melbourne-WC-Powell-withdraws 

このページのトップヘ