世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:モハメド・ファラー

Mo Farah is the 10000m world champion!
DGadvg8XgAA0cd7
先ほど終了したロンドン世界陸上競技選手権男子10000mにおいて、モハメド・ファラーが、26分49秒53で、見事大会連覇を達成しました。

レースは、ケニア、ウガンダ、エチオピア勢が終始引っ張る形となり、一周ほぼ66~63秒での推移となりました。残り800mでファラーが前に出て、600mから仕掛け始めるファラーのいつもの展開で、ラスト1周を56秒で締めくくる盤石のレース展開でした。

中盤も動き自体は悪くなく、先頭に惑わされずに一貫して集団中盤を維持し続けるなど、レース巧者ぶりが光るレースだったとも言えます。ラスト400mは、高速レースだけに仕方ないかもしれませんが、56秒です。残りの5000mでも2冠&連覇が期待されますが、スピードという面でどれだけの現状がファラーにあるのかが個人的に気になる所であり、期待できるところです。

※画像はBritish Athleticsより

Athletics hero Mo Farah's fitness warning to fans as he prepares for track swansong in World Championships
RUN-SPO-2017-PREFONTAINE-CLASSIC-DIAMOND-LEAGUE-222406
時は万人に平等です。それは王者であろうと例外ではありません。間近に迫った世界選手権ですが、5000m、10000mの2種目2冠を狙う王者モハメド・ファラーがやや不安げともとれる発言をしています。
「私が望む形に仕上がっているとはいえない。しかし、悪くはないので、きっとうまくいくと信じている」

今季DLシリーズでは全勝(OXY1500mではセントロに敗れ2位)しているものの、若干仕上がりに不安があるようです。確かにどのレースでもラストラップで55秒を割り込むことはありませんでした。34歳となったファラーは、今回ホームで行われるロンドン世界選手権でトラック引退を宣言しており、有終の美を飾ることができるか注目されます。

http://www.mirror.co.uk/sport/other-sports/athletics/athletics-hero-mo-farahs-fitness-10865197

FARAH TO COMPETE IN 10,000M IN OSTRAVA
160821020654-mo-farah-5000-meters-exlarge-169
リオ五輪で5000m、10000m2種目2連覇を成し遂げ、今や名実ともに5000m、10000m最強となったモハメド・ファラーが、6月に行われるオストラヴァWC10000mに出場することが分かりました。同大会では、2005年に10000m世界記録保持者であるケネニサ・ベケレが世界記録から3秒遅れる26分20秒31で走っており、条件が揃えば世界記録も期待できる好コンディションとなります。

今や選手権レースでは、その巧みな戦術と強烈なラストスパートで右に出るものはいないファラーですが、10000mの記録は未だに2011年に記録した26分45秒57にとどまっており、ここで記録も手に入れることとなるのか注目が集まります。

https://www.iaaf.org/news/news/ostrava-golden-spike-2017-mo-farah-10000m

Farah confirmed for Edinburgh XC, setting up rematch against 2016 winner Heath
44
今年リオ五輪で2種目2冠2連覇を達成した、世界の中長距離界で最も支配的な強さを誇るモハメド・ファラーが、来年初頭の1月7日に開催されるBUPAエディンバラXCに出場することが明らかとなりました。ファラーは今年もこの大会を最初のレースに選んでおり、かつアメリカのギャレット・ヒースに敗北を喫しています。ヒースも来年の出場が決定しており、王者モハメド・ファラーが盤石の強さを見せつけるのか、それともヒースがエディンバラ王者の座を守るのか、注目が集まります。ファラーも、オフシーズンを終え、トレーニングに本格復帰しているようです。

「過去数週間、本格的なトレーニングを積んできました。現在のパフォーマンスを確かめ、来年のトラックシーズンを占う良い機会です」

https://www.iaaf.org/news/news/farah-heath-rematch-edinburgh-cross-country

Mo Farah targets Tokyo 2020 Olympics after winning European Athlete of the Year for the third time
mofarah1710
今年リオ五輪で5000m、10000mの2冠を成し遂げたモハメド・ファラーですが、必然的に次問われることとなるのは、2020年の東京五輪への出場に関してです。彼が今年33歳になることを考えると、非常にシビアな問題であることは間違いありません。しかし、ファラーは彼のキャリアをできるだけ長く保ちつつ、ロードへの移行が可能であろうことに言及し、東京五輪への出場がありえるということを話しました。
「私は少しづつ年を取り、そして身体は少し疲れてきています。しかし、自身のキャリアは、楽しめる限り続けていきたいものです。それがどれほど続いていくのかは分かりません。」 

「マラソンで東京五輪に出場し、金メダル獲得を狙う。それはきっと素晴らしいものになるでしょう」

http://www.standard.co.uk/sport/other-sports/mo-farah-targets-place-at-tokyo-2020-olympics-after-winning-european-athlete-of-the-year-for-the-a3371296.html

このページのトップヘ