世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:モハメド・ファラー

Rio Olympics 2016: Mo Farah 'to end' track career after 2017
jdQ5dWrM
先日終了したリオデジャネイロ五輪において、5000m、10000mの2種目2冠2連覇を成し遂げたイギリスのモハメド・ファラーですが、来年行われるロンドン世界選手権を最後にトラックのキャリアを終了することを示唆したことが分かりました。
「2017年にはトラックでのキャリアを終え、その後はマラソンでどれほどのことができるか試してみたいのです」

あくまでトラックからマラソンへの移行を示すものであり、2020年での東京五輪でのマラソン出場に関しては「遠すぎる」としながらも、出場の可能性を除外していません。もしファラーが東京五輪に出場するとすれば、37歳での出場になります。

http://www.bbc.com/sport/olympics/37149969

Galen Rupp and Mo Farah will run in the Pre Classic, events TBD: Oregon track & field rundown
mo-farah_2300492b
オレゴン・プロジェクトでトレーニングを行っているロンドン五輪金・銀メダリストであるモハメド・ファラーとゲーレン・ラップですが、冬季明けのシーズンには室内レースからは離れ、ロードレースで活躍をしてきました。ラップに関しては初マラソンながらもリオ五輪米国代表の切符を勝ち取り、ファラーは、宿敵らに敗れながらも、世界ハーフで銅メダルを獲得しました。

気になる彼らの今後ですが、プレフォンテイン・クラシックに出場する予定であるとアルベルト・サラザールが述べています。種目に関しては明言していませんが、ラップに関しては以下のように述べました。
「我々はこれから、プレフォンテイン・クラシックの前にマラソントレーニングを完了し、かつ全米選手権10000mへの準備ができていなければなりません。そして通常、私は五輪予選の前に10000mを走ることは好みません。」 

以上のコメントから、ゲーレン・ラップがプレフォンテイン・クラシック5000mに出場する可能性が示唆されましたが、懸念材料としては、マラソントレーニングからの移行がどの程度完了しているのかに左右されると言えます。

http://www.oregonlive.com/trackandfield/index.ssf/2016/04/thursday_morning_news_notes_li_39.html#incart_river_index

Mo Farah could make London Marathon return in 2018, says race director
mofarah2104
今年行われるリオ五輪において、5000m、10000mの2冠を狙うモハメド・ファラーですが、2018年にロンドンマラソンに再度出場する予定であることを、彼のマネージャーが明らかにしました。

ファラーは2014年にロンドンマラソンでマラソンデビューを果たしましたが、慣れない給水や先頭集団のペースアップなどにより、2時間08分21秒という不満の残る結果となっています。2年後の2018年にマラソンに出場するというニュースは、同時に2017年のロンドンで行われる世界選手権にトラックで挑戦することも示しており、ファンにとっては五輪イヤーが過ぎた後も、まだまだ楽しみが続くことになりそうです。

http://www.standard.co.uk/sport/mo-farah-could-make-london-marathon-return-in-2018-says-race-director-a3230276.html

Mo Farah after Cardiff: "Road racing is different, the track is mine!" 
mo again
先日、カーディフで行われた世界ハーフにおいて、ジョフリー・カムウォローらケニア勢に敗北を喫したモハメド・ファラーですが、今回の敗北がリオ五輪に影響することはないと考えています。
「彼は私に10000mで勝つことはできません。勝つことはできますが、私はそれを許すつもりはないのです」 

ファラーの戦法は今や誰もが知る所となりました。最終ラップで先頭に立ち、その信じられないスピードで勝利をつかみ取るというものです。しかし、33歳を迎え、かつリオには彼のライバル達が集結することになります。
「非常に厳しい戦いになるでしょう」
「私は年を取り、フィールドはより強力になっています。ライバルたちは私が過去4年間行ってきたことを見て、知っています。勝利はより難しくなっているのです。26分40秒以下の争いになることを覚悟して準備しなければなりません」

トレーニングがすべてうまくいったわけではないものの、行く先は明るいと語るファラーは、プレフォンテイン・クラシックにて、5000mもしくは10000mで状態を確認することになるでしょう。
「マラソン、ハーフ、ロードレース・・・それらは別物です。」

「トラックは私のものです」

http://www.runblogrun.com/2016/03/mo-farah-after-cardiff-road-racing-is-different-the-track-is-mine-by-cathal-dennehy.html

‘I’m putting my body through hell every day to make sure I do myself proud in Rio,’ says Mo Farah
485686618_-_copia
・現在はエチオピアで高地トレーニング中。高地でのトレーニングは、身体に酸素をより多く運ぶ能力を向上させるため、持久力を鍛えるトレーニングにおいて非常に重要。
・今季初戦はグラスゴー室内。その後は米国でリオへ向けたトレーニングを行うことになる。
・重要なことは、怪我をしないこと。これにより、トレーニングを予定通り行うことが可能になる。
・昨年はコーチのアルベルト・サラザールのスキャンダルもあったが、結果的には世界選手権で金メダルを獲得することができたので、満足している。
・ロンドン五輪は、今までで最高の瞬間だった。今でもそれが信じられない時がある。
・リオ五輪後は、2017年にロンドンで行われる世界選手権を目標にすることになる。その後はロードやマラソンを行うことになると思う。

http://www.rio2016.com/en/news/i-m-putting-my-body-through-hell-every-day-to-make-sure-i-do-myself-proud-in-rio-says-mo-farah

このページのトップヘ