世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:ライアン・ホール

Ryan Hall Has Retired
77667663
1月15日、アメリカ史上最高のランナーの1人であり、米マラソン界のパイオニア的存在であったライアン・ホールが、その競技生活に終止符を打つことが発表されました。特に、その競技人生においては、ロードレースでの活躍が目覚ましたかった彼ですが、近年は結果を残せずに伸び悩んでおり、最近では低テストステロンレベルと疲労により、週12マイルしか走ることができなくなっていましたが、その戦いにもついに終止符が打たれることになります。
「これまで、常に、最高のレースは未来にあると信じてきました」

「私は元のレベルに戻すために全てのことをしてきましたが、私の体はそれに応えてはくれませんでした。そして、ここが立ち止まるときであると分かったのです。」

「『任務、完了』です。満足しています」

2011年ボストンマラソンにおいての2時間04分58秒は非公式ながらも素晴らしい印象を人々の中に残しましたし、彼は未だにハーフマラソンのアメリカ記録保持者でもあります。偉大な選手の引退には感謝とねぎらいの言葉がふさわしいと思いますが、やはり常に寂しい気持ちにさせられます。お疲れさまでした。

http://www.letsrun.com/news/2016/01/ryan-hall-retired-remember-six-glorious-moments-amazing-career/

Ryan Hall to Run USA Marathon Champs at 2015 Asics LA Marathon
BostonMarathon-0111
アメリカマラソン界のパイオニア的な存在でありながらも、最近ではめっきりその影を潜めていたライアン・ホールですが、来年2015年にロサンゼルスで行われる全米マラソン選手権に出場することが分かりました。

今年はサンディエゴで行われたハーフにしか出場しておらず、結果も1時間02分53秒の13位と精細を欠く結果となっていました。

http://www.letsrun.com/news/2014/12/smart-move-ryan-hall-run-usa-marathon-champs-2015-asics-la-marathon/

After Bleak Year, Ryan Hall Has 'Grown in Perseverance'
USAs-Ryan-Hall-drops-out-of-marathon-GO2255KG-x-large
「もう今年のような年を過ごすのは嫌です」

ライアン・ホールは、棄権が相次いだ2013年についてこのように述べています。彼にとって今年は非常に厳しい年になりましたが、彼は今年の出来事で忍耐的な成長というものを得ることができたと明かしています。

アメリカのマラソン界を代表する選手が、自己を自制する方法について学ぼうとしているのです。
しかし、2014年の具体的な予定に関しては今回の投稿で明確にされていないままです。

http://www.runnersworld.com/elite-runners/after-bleak-year-ryan-hall-has-grown-in-perseverance 

Hall Withdraws from ING NYC Marathon With Hip Injury
77286_story__hall
11月3日に行われるNYCMから、ライアン・ホールが臀部の怪我のために出場を撤回する意向を発表しました。

ホールは最後にマラソンを完走した2012年マラソン米選手権から、一度もマラソンを完走できていないということになります。

http://www.runnersweb.com/running/news_2013/rw_news_20131022_RRW_Hall.html 

Ryan Hall won its way in the Half Marathon Gatorade
237b539b-6b8e-4985-835f-d7a74e6ae893
先日行われたコスタリカ・ハーフで、ライアン・ホールが1:04:09で優勝を果たしたことが分かった。

http://www.nacion.com/2013-05-26/Deportes/Ryan-Hall-impuso-su-paso-en-la-Media-Maraton-Gatorade.aspx 

このページのトップヘ