世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:ロンドンマラソン

Mo Farah could make London Marathon return in 2018, says race director
mofarah2104
今年行われるリオ五輪において、5000m、10000mの2冠を狙うモハメド・ファラーですが、2018年にロンドンマラソンに再度出場する予定であることを、彼のマネージャーが明らかにしました。

ファラーは2014年にロンドンマラソンでマラソンデビューを果たしましたが、慣れない給水や先頭集団のペースアップなどにより、2時間08分21秒という不満の残る結果となっています。2年後の2018年にマラソンに出場するというニュースは、同時に2017年のロンドンで行われる世界選手権にトラックで挑戦することも示しており、ファンにとっては五輪イヤーが過ぎた後も、まだまだ楽しみが続くことになりそうです。

http://www.standard.co.uk/sport/mo-farah-could-make-london-marathon-return-in-2018-says-race-director-a3230276.html

Kipchoge focused
Germany-Berlin-Marathon-1789x1254
今年最も活躍したマラソン選手の一人であるケニアのエリウド・キプチョゲが、来年のロンドンマラソンでマラソン初戦を迎えることが分かりました。来年の目標はあくまでリオ五輪であるとしながらも、今年の覇者が来年もタイトル保持を目指し、出場するということは、毎年世界最高峰の選手たちが集まるレースがさらに盛り上がる予感を感じさせます。

「ロンドンは、リオ五輪への準備を始める上でも、自信をもってシーズンをキックオフできる場所です。」
キプチョゲがこれまで五輪で獲得したメダルは銀と銅であり、来年の五輪で金メダルの獲得を狙います。

http://www.the-star.co.ke/news/2015/12/28/kipchoge-focused_c1266127

‘I will be back!’ charged Kipsang roars
KISANG-GLANCE
先日行われたロンドンマラソンで、同じケニアのエリウド・キプチョゲに僅差で敗北を喫した前世界記録保持者であるウィルソン・キプサングですが、かの有名なアーノルド・シュワルツェネッガーの台詞「I will be back」を用いて、ロンドンでのリベンジを誓っています。

それによると、最後のキプチョゲのペースアップに対抗できなかったのは、「寒さ」が原因であったと語っているようです。
「より体を絞っている中で、このようなコンディションの中であのペースに対抗することは容易ではありませんでした。集団を散らすために私が奮闘したことを考えると尚更です。しかし、それでもこれまで6回のマラソンを2時間005分以下で走っていることを考えれば満足のいく結果でした」 

http://www.capitalfm.co.ke/sports/2015/04/28/i-will-be-back-charged-kipsang-roars/

このページのトップヘ