世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:ワーナーメーカー・マイル

NYRR Wanamaker Mile at the 109th NYRR Millrose Games to Feature Rematch Between Matthew Centrowitz and Nick Willis as They Lead World-class Men’s Field
426221_full
昨年、ミルローズ・ゲームの花形種目であるワーナーメーカー・マイルにおいて、昨年の優勝者であるマシュー・セントロウィッツと、僅差で敗れ去ったニック・ウィリスの再戦が行われることが明らかになりました。両者ともに世界大会でのメダルを獲得した経験があり、かつ非アフリカ系ながらも世界トップクラスの実力を有する両者だけに、今回も非常に面白いデットヒート、そして記録が見られることでしょう。

男子部門では、他にロンドン五輪1500m銀メダリストであるレオ・マンザーノや、今年もエディンバラXCで活躍したギャレット・ヒース、イギリスのクリス・オヘアなど、レベルの高い選手が集まっています。

女子部門では、昨年優勝を果たしたシャノン・ロウバリーを初め、トレニエレ・モーザー、ヘザー・カンプなど、男子に見劣りしないラインナップとなっています。

http://www.armorytrack.com/gprofile.php?mgroup_id=45586&do=news&news_id=393464

Bernard Lagat and Mary Cain Featured in NYRR Wanamaker Mile
341799_full
2月14日に行われるミルローズ・ゲームで、最も注目されるといっても過言ではないワーナーメーカー・マイルのエントリー情報が発表されています。

エントリーリストのトップを飾るのはバーナード・ラガトとメアリー・ケインです。ラガトは近年5000mなど、厳密な意味での中距離からは少々離れたところでの活躍が目立ちますが、それでも昨年は2000mで米国新記録、世界室内3000mでは銀メダル、コンチネンタル・カップ3000mでも銅メダルを獲得するなど、全盛期に比べると衰えたかもしれませんが、世界第一線でも通用するそのスピードは未だに健在です。久しぶりの中距離レースでどのような走りを見せてくれるのでしょうか。

メアリー・ケインに関しては、今季まだ1勝もできていないという点では少々不安が残るものの、サラザールが手塩にかけて育てている選手の一人です。短期的な活躍では評価できないだけに目が離せそうにありません。チームメイトであるトレニエレ・モーザー、Jordan Hasay、シャノン・ローバリーとともにレースに挑みます。

男子部門では、ほかにも先日DMRで世界記録を樹立したマシュー・セントロウィッツをはじめ、NZから昨年も目覚ましい活躍で記憶に新しいニック・ウィリス、ロンドン五輪1500m銀メダリストであるレオ・マンザーノ、他にウィル・リーア、エヴァン・イェーガー、エドワード・チェセレクなど、素晴らしいメンツが揃っており、非常に期待のできるレースとなりそうです。

http://www.armorytrack.com/gprofile.php?mgroup_id=45586&do=news&news_id=313215

このページのトップヘ