世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:世界ハーフ

Tadese joins elite world Half Marathon field
normal
3月26日に行われる世界ハーフに出場するエリトリア代表チームに、世界記録保持者であるゼルセナイ・タデッセが選出されたことが分かりました。

世界ハーフには既に、ケニアのジョフリー・キプサングやイギリスのモハメド・ファラーのエントリーが発表されており、両者の対決に注目が集まっていましたが、これにタデッセも加わることにより、世界ハーフはこの三者を中心とした三つ巴の争いとなりそうです。また、これらに加えケニアのビダン・カロキなど強力な選手の出場も確定しており、これまでにないハイレベルな争いとなるでしょう。

http://www.eurosport.co.uk/athletics/tadese-joins-elite-world-half-marathon-field_sto5284051/story.shtml

Mo Farah targets World Half selection
2B931BB400000578-3207045-image-m-44_1440250326988
今年3月に開催予定の世界選手権は、世界室内、世界ハーフの2つが、ほぼ同日に存在しますが、どちらに出場するかで注目されていたモハメド・ファラーが、世界ハーフの英国代表の招集に応じることを発表しました。まだ出場は確定ではないものの、世界ハーフへの出場は非常に濃厚となりました。

もし実現すれば、既に出場を宣言している、昨年の世界選手権10000mで熱戦を繰り広げたケニアのジョフリー・キプサングとの再対決がまずハーフマラソンで実現することになります。ファラーのハーフでの実績もさることながら、ジョフリー・キプサングのそれはその上を行くといってよいでしょう。二人のハーフでの対決は以前未だありません。世界選手権での対決はファラーのフィールドであるトラックでの対決でしたが、今回はハーフでの対決となり、ファラーが王者の意地を見せるのか、ジョフリー・キプサングが得意分野での対決を制し、世界選手権の雪辱を晴らすのか、注目です。

http://www.athleticsweekly.com/featured/mo-farah-targets-world-half-selection-38166/

CAN KAMWOROR BREAK THE WORLD HALF MARATHON RECORD IN CARDIFF?
2B931BB400000578-3207045-image-m-44_1440250326988
今年北京で行われた世界選手権10000mにおいて、ジョフリー・キプサングは印象的な活躍を観衆の目に残しました。王者モハメド・ファラーには敗れたものの、世界選手権史上最も高速なレースの一つであったそれは、彼のフロントランニングによる戦術スタイルの結果です。今季すでにNYCマラソンにも出場し、2位という結果を残している、マルチに才能を発揮するキプサングの次の目標は、来年の世界ハーフ連覇です。
「今、私の目標は世界ハーフです。条件さえ整えば、ゼルセナイ・タデッセの世界記録更新も可能でしょう」

2016年のリオ五輪はトラックで出場を目指します。当分の間マラソントレーニングからは離れることになりますが、それでも彼の戦術が変わることはないでしょう。
「フロントランニングは勝利のための、私の戦術となっているのです」 

http://www.iaaf.org/news/feature/world-half-marathon-2016-kamworor

World Half-Marathon Champs: Cardiff hopeful on Mo Farah entry
Great-North-Run-2015
2016年3月にイギリス・ウェールズで行われる世界ハーフマラソン選手権の主催者が、モハメド・ファラー出場に向けて彼のエージェントと交渉を行っていることが明らかになりました。しかし、その世界ハーフの直前には、オレゴン州ポートランドで行われる世界室内が控えています。
「昨日も、彼のエージェントとリオ五輪に向けたスケジュールについて話し合っていました。もちろん、ファラーの目標は夏のリオ五輪です。しかし、それまでにいくつかの選択肢が存在します」

「現時点で、我々は彼と非常に有益な対話を行っています。ウェールズでの世界ハーフが、オレゴン州ポートランドの世界室内よりも良い選択肢だということを伝えるべく全力を尽くすのみです。」

http://www.bbc.com/sport/0/wales/34406973 

このページのトップヘ