世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:全米選手権

41-Year Old Bernard Lagat Wins Crazy Men’s 5000 at 2016 US Olympic Trials Men’s 5000

先ほど行われた全米選手権男子5000mにおいて、バーナード・ラガトが13分35秒50で悲願の優勝を成し遂げたことが分かりました。

5度目の五輪を決めたラガトは、ラストラップを52秒台という、41歳とは思えない驚異のスパートで勝利をつかみ取りました。近年はラスト勝負で競り負け、以前のようなスパートは見られなくなっていたかに思えましたが、今日のそれは明らかに以前の彼の切れ味そのものでした。五輪での健闘を楽しみに待ちたいですね。

【Result!】
1 Bernard Lagat 13:35.50
2 Hassan Mead 13:35.70
3 Paul Chelimo 13:35.92


http://www.letsrun.com/news/2016/07/41-year-old-bernard-lagat-wins-crazy-mens-5000-2016-us-olympic-trials-mens-5000-african-born-runners-go-1-2-3/

Dathan Ritzenhein over marathon disappointment, has new Olympic plan
Ritzenhein_DathanLedsH-USOlyT16
先月の全米マラソン選手権で失意の途中棄権に終わったデイゼン・リツェンハインですが、8月のリオ五輪へ10000mでの出場権を獲得するべくトレーニングを開始したことを発表しました。
「非常に残念でした。トレーニングは完全にうまくいったにも関わらずこの結果ですからショックです。しかし、この失敗から学び、前に進む必要があります」

リツェンハインが最後にトラックレースに出場したのは、2013年の世界選手権10000mで10位になって以来です。リオ五輪に出場するためには、まず出場標準である28分00秒を切る必要があり、今年のスタンフォード招待10000mでその標準を獲得する予定でいます。その前にひとつレースに出場する予定ですが、どの距離に出場するかは未定とのこと。

「簡単なことではありません。しかし、前回行ったという経験が役に立つでしょう」 

http://www.mlive.com/sports/grand-rapids/index.ssf/2016/03/dathan_ritzenhein_over_maratho.html

Galen Rupp Wins His 7th Straight US 10,000 Crown
無題
先ほど終了した全米選手権男子10000mにおいて、ゲーレン・ラップが28分11秒61で7連覇を成し遂げたことが分かりました。2着にはベン・トゥルーが入り、3着にはハッサン・ミードが入っています。

レースの結果自体はスローですが、2年前を彷彿とさせるような800mからのロングスパートを見せつけての圧勝でした。

動画:http://www.usatf.tv/gprofile.php?mgroup_id=45365&do=videos&video_id=150032 

http://www.letsrun.com/news/2015/06/galen-rupp-wins-his-7th-straight-us-10000-crown-ben-true-2nd-hassan-mead-third/

このページのトップヘ