世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:福岡国際マラソン

Kimetto, Makau head for Fukuoka marathon clash
berlim
エチオピアのツェガエ・ケベデによって、6年間保持され続けてきた福岡国際マラソンのコースレコードですが、今週末ついに陥落の時を迎えるかもしれません。

招待選手の中でも特に注目を集める、マラソン世界記録保持者デニス・キメットと、元世界記録保持者であるパトリック・マカウは、今週末コースレコードの更新を目標に掲げています。
「今、ケニアのマラソン選手は間違いなく世界一です。このコースレコードは我々の国の選手によって破られる必要があるのです」

この二人に加え、マラソンで2時間04分53秒、ハーフで58分41秒の記録を持つバーナード・コエチも参戦します。かつてない豪華なラインナップとなった福岡国際マラソンですが、今週末どのような結果になるのか、勝負、タイム共に注目です。

http://www.nation.co.ke/sports/athletics/Kimetto-Makau-head-for-Fukuoka-marathon-clash/-/1100/2979056/-/qk4e8dz/-/index.html

MAKAU BACK TO WINNING WAYS AT THE FUKUOKA MARATHON
無題
本日行われた福岡国際マラソンにおいて、元世界記録保持者であり、今大会でも大本命と目されていたケニアのパトリック・マカウが見事優勝を成し遂げ、2012年のフランクフルトマラソン以来の優勝を果たしたことが分かりました。

【Result!】
1. Patrick Makau KEN 2:08:22
2. Raji Assefa ETH 2:08:48 

Can Makau upstage Mathathi?
CHINKU_PIC
12月7日に開催される予定の福岡国際マラソンですが、注目が集まるのはやはり同大会のディフェンディング・チャンピオンであるマーティン・マサシと、全世界記録保持者であるパトリック・マカウの対決でしょう。

パトリック・マカウは、2010年に当時マラソン世界記録となる2時間03分38秒を樹立したものの、その後は怪我等が原因で低迷した状態が続いています。今期もバレンシアハーフで1時間4分48秒を記録したのみで、相変わらず本調子には程遠い状態が続いているようですが、福岡で優勝を飾り復活の足掛かりを築けるかがポイントとなってきます。
対するマーティン・マサシも、昨年福岡マラソンで優勝を成し遂げた後、丸亀ハーフにて1時00分11秒を記録したものの、その後はマカウと同じく低迷した状態が続いているようです。

勝負の行方に加え、両者ともにどのような状態でレースに臨むのかも気になるところであります。

http://www.nation.co.ke/sports/athletics/Former-record-holder-Patrick-Makau-set-for-Fukuoka-Marathon-/-/1100/2518608/-/r2r1sd/-/index.html

Gebremariam Withdraw From Fukuoka With Injuries
08marathon19_511-blog-articleLarge
今週日曜日に行われる福岡国際マラソンに出場予定であったゲブレ・ゲブレマリアムが、左ふくらはぎの負傷によってレースへの出場を回避することを発表した。

http://japanrunningnews.blogspot.jp/2013/11/gebremariam-withdraws-from-fukuoka-with.html 

Gebremariam leads Fukuoka Marathon entries
08marathon19_511-blog-articleLarge
12月1日に行われる福岡国際マラソンに、2009年世界XCチャンピオンであり、2時間04分53秒の自己ベストを持つゲブレ・ゲブレマリアムが出場することが分かった。

その他の有力選手としては、ケニアのジョセフ・ギタウ、スイスのビクトール・ロスリンなどがあがっている。

http://www.iaaf.org/news/news/gebremariam-leads-fukuoka-marathon-entries

このページのトップヘ