世界の中長距離

「世界の中長距離を語ろう」のまとめです。 有用な情報を抜き出して載せていきます。

タグ:NYCM

After dropping out in Berlin, Wilson Kipsang is added to NYC field.
wilson_kipsang-1250x750
今年最も注目を集めたレースのひとつであったと言えるであろうベルリンマラソンで、注目選手のひとりであったウィルソン・キプサングは、途中棄権という結果に終わったことは記憶に新しいでしょう。そのキプサングが、11月5日に行われるNYCマラソンに出場することが分かりました。


このほかにも、以前から出場が決まっている今年42歳のメブ・ケフレジキや、シャレーン・フラナガンなど、注目選手多数で、今年も目が離せないレースのひとつとなるでしょう。

http://www.flotrack.org/article/62617-flanagan-keflezighi-making-final-nyc-marathon-preparations-kipsang-added#.Wd4B9Wi0O00

Luke Puskedra’s First Date
Luke-Puskedra-5-1000-1024x512
オレゴン・プロジェクトのルーク・プスケドラが初マラソンに挑戦するという報道がなされています。大々的には書かれていませんが、おそらくNYCマラソンでのデビューになるでしょう。

これまで取沙汰されなかった理由としては、無駄にプレッシャーをかけずに最高のパフォーマンスを得るためであり、週間走行距離160~170マイルでトレーニングを行ってきたようです。ニューヨークを選んだ理由としては、シカゴのようなフラットコースよりもアップダウンの激しい悪条件下にあるニューヨークのほうがプスケドラの強みを活かせると踏んだためであるようです。
「プスケドラは私がこれまでに見た選手の中でも、ロングランを行う能力は突出したものを持っていました」
サラザールとともにプスケドラをコーチングするオレゴン大学のアンディ・パウエルは話します。

「プスケドラはこれまでも、クロスカントリーのようなアップダウンのあるレースで良い結果を残してきました。それはつまり、マラソンでもそのようなコースで結果を残せる可能性があるということです」

しかし、記事には「将来結婚する相手との最初のデートのようなもの」という記述があり、今回の挑戦は試験的要素を含んでいることも伺えます。

http://dailyrelay.com/luke-puskedras-first-date/

2014 New York City Marathon Preview
f62fdd33-ddb0-4704-88e2-611a7065d97c
今週末行われるNYCマラソンですが、Lestrun.comがレース前恒例のプレビューを掲載しています。

最も注目を集めるのは、今大会3連覇を成し遂げているジョフリー・ムタイでしょう。最も最近のレースであるプラハ10kでは27分32秒で優勝しており、今回も高速レースに対応するだけの十分なスピードが用意できていることが分かります。また、同じく注目を集めるの全世界記録保持者であるウィルソン・キプサングでしょう。今年のロンドンマラソンでも見事優勝を成し遂げており、この両者がレースの中心となるのはほぼ間違いないと言っても過言ではないはずです。

その他にも、レリサ・デシサ、ミカ・コゴ、スティーブン・キプロティチ、ゲブレ・ゲブレマリアムらも忘れてはならないでしょう。また、今大会のダークホースとしては、今年のボストンマラソンを制しているアメリカのメブ・ケフレジキの名前も挙げられています。

毎年ビックネームの集まる今大会ですが、今年も見応えのあるレースになりそうです。

http://www.letsrun.com/news/2014/10/new-york-mens-preview/

このページのトップヘ